ムービー

今日はピンちゃんの日って事で

みんなが英雄ムービーメーカーでピンパとミレルのムービー作ってみました!
欲張って2つも作ってみました!

まずは「思い出は宝物」
ココからどうぞ!


次は「ピンパとミレル」
コチラからどうぞ!

2012_0428_130007-IMG_1718_20160324191031a99.jpg

ピンパの写真を選んでいたら涙が出てきちゃったけど、素敵なムービーになって満足~
auユーザーでなくてもスマートフォンがあれば作れます!
皆さんもお試しあれ
Category: 思い出

天才バカボンのピンなのだ!

キャンディが節分の豆を買ってきました!

天才バカボンなのだ!
DSCN1070[1]





バカボンのパパを見て思い出した
1239425350217006.jpg
ピンちゃんの口もと




こんなお絵描きして遊んでたっけな。。。
1239459110065782.jpg



いまだにピンちゃんのブログは楽しい思い出でも読んでるとだんだん泣けてきちゃうので、あまり読み返せない。。
それでも、最近は楽しかったな~とクスクス笑ったりできるようになってきたような♪ようでないような♪
このお絵描きしてた時は2009年の桜の頃です。
Category: 思い出

同じシチュエーションでした♪

こないだの海ほたるでのお写真♪
メロンとミーレ♪ミレロン♪
IMG_9299[1]





ミレルの撮ったお写真見てたらいたら。。。
IMG_9285[1]


「ん?この風景、何か覚えてる!」



2009年3月ピンちゃんとトミーと一緒に撮ったんだったー!
2009_0307_085309-IMG_5100.jpg




他にも、似たようなお写真いっぱい!
これも、ミレは亀さんと撮ったけど、
IMG_9284[1]




ピンちゃんは犬?と撮ってた!
2009_0307_084820-IMG_5096.jpg



エスカレーターでのミレル
IMG_9279[1]



こちらはピンちゃん
2009_0307_084711-IMG_5089.jpg
抱っこしてるのがキャンディで撮ってるのがチェリーなとこも同じシチュエーション!



我が町を背にミーレ
IMG_9290[1]



ピンちゃん
2009_0307_090520-IMG_5107.jpg



私達、5年経っても写真の撮り方って変わってないのね(;^ω^)。。。
Category: 思い出

いちごちゃん再び

2年前のホワイトデーにピンパへ、えるままちゃんから頂いた
パリエロのいちごちゃんスヌード



ぷぷpp~!!!
ピンちゃんはちょっと頭大きくて(^_^;)
小型犬用のスヌードがピッチピチ

そこで。。。
せっかくの高級ブランドパリエロのスヌードなのに。。。
大胆にも。。。
2012_0316_181735-IMG_1357_20140528233208ff8.jpg
ピンパサイズのスヌードに縫い付けてしまいました~(^_^;)


2012_0316_175748-IMG_1347_20140528233206b32.jpg
こんな感じで使わせて頂いてました!



ピンちゃんの思い出の品は、お気に入りの物はとってありますが、
ミレルが使えるものは、ミレが使ってます
このいちごちゃんスヌードは、ミレなら元の形で使えるんじゃない?
って事で、元の形に戻しました~~~!!!



じゃん!
IMG_8762.jpg
おお~
ミレちゃんの方が似合うかも

今度トマトの方も直そう~っと!



そして、ミレが着ている↑↑クール×クールも
ピンパのお下がりです。
そのままだと大きすぎるのでリメイクして着せています。
IMG_8022.jpg



だんだん夏日になる事もあるので、パイナップル柄もリメイク
IMG_8557.jpg
ピンパはクール×クールLLじゃないと入らなかったけど、ミレはLで入るのだろうか?
ま、しばらくはピンパのお下がりでもいいよね!
青のハイビスカス柄も直してあげるね~♪


IMG_8559.jpg
ピンパの思い出の品をまた使えるって本当嬉しいです
Category: 思い出

ピンちゃんからのメッセージ

5月3日は私達にとって、また忘れられない日となりました。
アニマルコミュニケーションのセッションを受けたのです。
セッションの間中、泣いていた私は、
こうしてブログに書く為に少し気持ちの整理が必要でした。
でもやっぱりピンちゃんのブログだから残そうと。




私の受けたアニマルコミュニケーションのセッションは
事前にピンちゃんの写真をメールし、
当日は電話かスカイプでセッションを受けます。
ピンちゃんが今どうしてるのか知りたくて、想いを聞きたくて、
何より、助けてあげられなくてごめんね。と伝えたかったからです。

IMG_3324.jpg
この写真を送りました。
ピンちゃん一人で写っているもの、との事だったので、写真を探したのですが
最近の写真は亡くなる直前だったりで。。。
この写真は去年の11月26日のもの。
シャンプー後でピカピカ☆綺麗でしょう?
前立腺の炎症も結石の痛みも血栓も発症してない時期のピンちゃんを選びました。
ちょっと真顔過ぎだったかな(^_^;)



セッション当日は妹キャンディもお休みで一緒に居れたので
電話をてぶらボタンにして一緒にセッション受けました。
事前に5項目ほどの質問を送っておいたので、その答えや、
ピンちゃんからのメッセージなどが聞けたらいいな~。
と、その日は朝からソワソワ。。ドキドキでした。。。


セッションはアニマルコミュニケーターの方がピンちゃんの気持ちを感じで私達へ伝えてくれます。私達の気持ちもアニマルコミュニケーターの方を通してピンパへ伝えてくれます。不思議と何だかピンちゃんと直接話しているような気持もしました。なのでブログへは分かりやすいようにピンパと会話してるように書くところもあります。
また、アニマルコミュニケーションを信じていない方には不快に感じられるかもしれませんが。。。


夜、セッションの時間になりました。

長くなるかもしれませんが
ピンちゃんからのメッセージを残そうと思います。


チェリーもキャンディもピンちゃんの事、
今でもどうしてるのか?心配だよ。
何が食べたいの?何処へ行きたい?誰に会いたい?って。
ピンちゃんの食べたい物をお供えしたいし、
行きたい所へ連れて行ってあげたいよ。
会いたいお友達にも会いに行くよ。
今でもピンちゃんの事ばかり考えてるの。

『あんまり心配しないで。大丈夫だよ。いい感じだよ。』

ピンちゃんは今、自由で特に要望はないんだそうです。
心配いらないから大丈夫だよって。。。
でもすごく痛がって泣いて苦しんで亡くなったから、
今は痛くなくてちゃんと歩けるのかって、すごく心配だよ。

『ありがとう。でも痛かったとか、病気の事はあまり覚えていないよ』
ええ?そうなの?
信じられませんでした。
あんなに痛がってたのに。。。覚えていないの??
チェリーもキャンディもまだ亡くなった時の苦しんでる姿ばかり思いだして毎日泣いちゃうんだよ。

『一緒に過ごした時を思い出してみて。お出掛けしたり、お昼おうちでまったりしたり、おやつもらったり、家の中をウロウロしてるのが楽しかった。最期の時ってそんなに辛かったのかな?チェリーとキャンディがその時の事ばかり考えるのは辛いな』
ピンちゃんは今はもう犬の姿ではなくて魂で、
いるべき場所にいるのだけど、時々おうちへ帰ってきて
チェリーやキャンディが泣いていると

『困ったなぁ。。。』

と思っているそうです。
ピンちゃんは穏やかで優しい性格だから誰かが悲しんだり怒っていたりすると困ってしまうのだそう。

よく姉妹で喧嘩をしますが、そんな時いつもピンパは困った顔やしぐさをしていました。
仲裁に入ろうか?どうしようかな?困ったな、、と。
そんな姿が見えるとおっしゃっていました。
実はつい最近も喧嘩してたんです。。。
ピンちゃんに見られてたんだな(^_^;)

『泣いたり喧嘩したり、そんなんじゃダメだよ。二人で励まし合って頑張って』


ピンちゃんの事が知りたくて
ピンちゃんの事が心配でセッション受けたのに
逆にピンちゃんに心配かけちゃってるんですね。私達。。。



アニマルコミュニケーターの方が感じたピンパのイメージは
気品がある。
白馬に乗って登場する王子様のよう。
穏やかで優しく、頭がいい。
プライドが高い。
ポリシーを持っている。


だそうです。
すごいね!ピンちゃん!
ヒーローみたいじゃん!
もっと甘ったれなとこ見せても良かったんじゃない?

会話は淡々としていたそうです。
お話はしてくれたけど質問に対して一言で返す感じ。

楽しかった好きだった事は日常生活そのものだったようです。
お出掛けやイベントも好きだったけど、それ以上に日常生活を楽しんだ。
『今日は何をするのかな?と、家族を見ているのが楽しかった。
一緒に過ごした日々、日常をぬくぬく、のびのび、可愛がられて良かったなぁ~。
愛に浸れた。可愛がってもらって良かったなぁ~』


私達の愛情は十分伝わっていたようです。
嬉しいです!

病気の事は本当に覚えていないようです。
例えば、旅行で大変な目にあったとしても何とか乗り越えて帰ってくると、後から思えば良かった事になっている。そんな感じなんだそうです。終わったら消化できているような。
私達がピンちゃんの病気を心配してあれこれ手を尽くしてきたけど、ピンちゃん自身は今病気の事は覚えてないって。
でも、それで良かったのかもしれませんね。ピンちゃんが立派に病気と闘って勝ち取った物なのでしょう。
痛くて苦しい事は何も覚えていないなら、それが本当に一番良い事なんだと思います。

だから、私達も苦しんでいる時の事ばかりではなく楽しかった時の事も思い出してあげて。
一緒に過ごす事が当たり前になっていたけれど、それが何よりもの幸せなんだと認めてあげて下さい。
と言って頂きました。
決して、辛い時期を思い出すな!と否定するのではありません。忘れる必要もありません。
でも、他にたくさんの良い思い出があるのだから、少しづつでも思いだしてあげて下さい、と。

痛くて苦しくて可哀想だった=可哀想な子
という事になってしまうのだそうです。
ピンちゃんは可哀想な子ではありませんよね。

たくさんの愛情を受けて幸せだった=幸せな子
ピンちゃんは幸せな子だったのですから。


では、本当に嫌な事とかなかったの?
『耳そうじ』
一言そう答えたようです。思わず笑ってしまいました。
確かに好きじゃなかったけど、そこまで嫌いだったとは!
ピンパ的には嫌だったけど仕方なくやっていたそうです。

嫌な事は耳そうじくらいしかないほどで、愛を受け止められた10年間だったそうです。
療法食しか食べさせちゃいけなくて、もっと色んな物を食べたかったのかと思っていましたが、食にはそれほど執着が無かったようです。
プライドが高い部分があるので
『食べ物なんて』という考えがあってガツガツしてると思われたくないみたいな感覚だったようです。
それより耳そうじのが嫌だったそうです(^_^;)

そしてプライドが高いゆえ、
『世話をかけて死にたくない』と考えていたようです。
老いて介護されて亡くなるよりも、突然に。。。
一緒に過ごした時間は居心地が良くて去りがたくて、去ってしまうのが辛くなるから突然に。。。
そう考えていたのじゃないか。とのお話でした。
老いた姿も見せたくなかったようです。
前にCDで話した時「年寄り扱いしないで」と言ってたけど、本当にそうだったんだね。
ピンちゃんのプライドすごい高かったんだね。
見事に、綺麗な姿のまま旅立ったもの!

(T_T)ピンちゃん、どんなに世話がかかってもいいからもっと一緒に居たかったよ。
でも、飼い主の思いとは裏腹に悲しいけど亡くなる時は決まっているのだそうです。


そして、生まれ変わりのお話ですが。。。

ワンちゃんはお空からお仕事(役割り)を持って生まれてくるのだそうです。
そのお仕事を果たしてお空へ帰った子は次に生れてくる時は違うお仕事を持って生まれてきます。

よく、ワンちゃんを亡くした飼い主さんが次の子を迎える時、前のワンちゃんと似てる子を求めます。
全く同じ子=お仕事を果たしていない
と言う事になってしまうので、あまり喜ばしくない事なのだそうです。

ピンちゃんの場合、愛を受けとる10年間というお仕事をつとめました。
だから次に生まれ変わってくる時は他のお仕事を持ってくるそうです。

ただ、生まれ変わりはみんな同じじゃなくて
ずっとお空にいる子、すぐ戻ってくる子、あとは他の子の魂と混ざってくる子もいるそうです。
アニマルコニュニケーターの方の感じた様子では、全く同じピンちゃんは帰って来ないのでは。というお話でした。寂しいけどこれは良い事なので、次はどんなお仕事を持って帰ってくるか楽しみにしていて下さいって。
まだ、次の子を迎えるつもりはありませんが、きっとピンちゃんもそれは分かってくれていると思います。
その時が来たらきっと生まれ変わってきてくれると思います。



欲張りな私達、他には何かピンちゃん言ってませんか?
ううう~~~ん。。あまり答えてくれないんですよね。
『言わなくても分かってるでしょ』
うん、うん。そうだよね。ピンちゃんとチェリーとキャンディはいつも一緒。何でも分かってるよね!



でも、最後に、フリフリのお洋服とか本当は嫌だった?
『それは好きだよ』
ピンちゃんは綺麗な物やおしゃれが好きだったようです。
良かった!



こんな感じでセッションは終わりました。
ピンちゃんのお仕事は「愛を受け取る」ってお仕事でそれを果たしてお空へ逝った。
私達の愛情はちゃんと伝わっていたんだ。だからもっと自信を持っていいんだね。
私達が泣いてばかりいるとピンちゃんが困ってしまうので忘れる事はないけど、少しづつ楽しい思い出も思いだそうと思います。
そして、姉妹仲良く喧嘩しないようにしなくっちゃ!

それと。。
何となくピンちゃんとはこれから直接お話できるような気がしました。
ピンちゃんは他人によそよそしい子だったので、アニマルコミュニケーターの方には甘えっ子部分を見せなかったのじゃないかな?と思います。
言わなくても分かってるでしょ!ってメッセージはそういう事かな~?って。
セッションというツールを使わなくても、本当に私達は通じ合える。そう感じました。


今回の経験は受けて本当に良かったなと思います。
きっとまた辛い事も思い出すだろうけど、心に閊えていた後悔や助けられなかった思いより、もっと考えるべき事があると分かったような気がします。

ピンちゃんは幸せな子だったのだから。
Category: 思い出