ミレルのフードアグレッシブはまだまだ

ミレルの最近の食事事情を記録としても書いておこうと思います。
7月に書いた記事 http://pimchan.blog66.fc2.com/blog-entry-1746.html

この記事の中の動画の様子は、これはかなり調子のよい時です。
どの日が調子よくいい子出来るのか?はよく分かりません。
今日は落ち着いてるから大丈夫だと思っていてもご飯を目の前にすると興奮が止められなくなってしまう時も多々です。

でも、この方法は「ご飯を作ってお皿を食事台に置いて食べ終わったらお皿を下げる」という一連の動作の最中にミレルに襲われることなく出来る最良の方法だと思っています。
この方法が70%くらいの確率で成功していた時期が続いていたのですが、、、

確率が徐々に下がってきてしまいました。
どんな風に出来なくなっているかというと、
・スヌードを着けると興奮が始まる
・ドアの前で待つとき吠える、ドアをガリガリする
・ご飯を食べてる途中で吠えかかってくる
・お皿を下げる為に外のおやつで誘うが、そのおやつへ向かわずに吠えかかってくる

などで、一度興奮すると、感情のコントロールの出来ないミレルは私に対して吠えたり咬んだりしてしまいます。
興奮時の動画を撮るのが難しいのでなかなか伝えにくいのですが、
一瞬ですが撮ったもの↓

こんな感じで吠えかかってきます。
これはお皿を下げるまで止まらない感じです。なのでご飯の準備を速やかにする事も必要ですが、いかにお皿をうまく下げるか?も重要なのです。

ご飯の準備中に待てなくなってきたのは、冷蔵庫を開ける音やお皿の音など音に反応しているようです。
待させるお部屋をキッチンから一番遠い部屋にしたり、ベランダに出してみたけど、さすが犬は耳がいい。
吠えだしてしまいました。
先生のアドバイスは「おそらく学習をしてくると徐々に興奮状態を作っていくのかも」とのお話でした。
なるほど。。ミレルはこの方法をすっかり覚えてしまって人の手の内を知ってしまって、ご飯がもらえるのを分かってしまってるので、早く食べたい気持ちが興奮に繋がっている感じなのです。

そこで、先生からはハウスで食べるのに時間がかかるおやつなどを与えている間にご飯を準備するというアドバイスをもらいましたが、ミレルはそもそもご飯の時間に命をかけているので、どんなにスペシャルなおやつであっても目に入らないんです。
ドアの向こうに誘う為のおやつも、食べに向かいますが実は残しています。おやつなんかよりご飯なんです。ご飯の為にドアの向こうに行くけど別におやつが食べたくて行くのではないんです。

例えばハウスでガムを与えてる間にご飯の準備をするとしましょう。
でもご飯の準備に気付いたらガムなんていらないんです。ご飯の準備の音に吠えます。
そしてハウスを開けてご飯を食べたとします。でも今度はご飯のお皿とガム両方を守りに入ると思います。
興奮が余計に止められなくなると思います。ミレルが興奮する材料がお皿とガムが増える事で私はもっと困ってしまうのです。

ではどうしたらいいか?
次の先生のアドバイスはミレルにご飯の準備を気付かれないように人のご飯を作る時に一緒に作る。と言う作戦でした。
これはけっこう成功します。ミレルはドアの前で待たされることなく、知らない間にご飯が出来上がるという作戦です。
今までの前回の動画のような一連のルーティーンはミレルにとってご飯が出来る時に感情がフォーカスし過ぎになってきてしまっているので、ご飯の時間をもっとファジーにするイメージです。
ただね、この作戦には欠点があって、スヌードが出来ないのでお皿を耳の入らないサイズの小さい物に変えました。
ご飯の準備をファジースタイルで作って、出来たらドアの外で待たせる。
で、後は同じです。

しかし、今日は久しぶりに咬まれました(;^ω^)

写真だと分かりにくですがハッキリ赤く歯の跡が付く程度でした。

何で失敗したかというと、私のお昼ご飯と一緒にミレルのご飯を作っていましたら、
ミレルがちょっと気付いてしまったようで(寝てなかったんですよね~、ソファの上でこっち見てたんですよね~。。)
キッチンの足元に来てしまったんです。そのままドアの外へおやつで誘導するべきだったのに、
大丈夫かな?って思っちゃったんです。で、そのまま食事台にお皿を置こうとお皿をミレルに見せてしまったんですね。
そうしたらミレルの沸点がMAXに。お皿を台に置くと同時に咬まれたという訳です。
その後は食べてる途中も吠えかかってくるし、お皿を下げる為におやつで釣ってもおやつは目に入らない。吠えかかって離れません(T_T)仕方なくおやつを床にばら撒いて、お皿を下げたというありさま。
情けないというか、やっぱり何年経っても咬まれると落ち込みます。
愛犬に咬まれるって慣れる事ではないんです。
何が辛いって、どんなに愛情をかけてもフードアグレッションが治らないって事。


お皿を下げてしまえばこうです。
DSCN8097.jpg
ボクご飯食べた~♪って甘えてきます。


いったいこのギャップは何なんでしょう?
ミレルは脳内の神経伝達物質セロトニン(幸せホルモン)が足りない病気があります。
それでフルオキセチンという抗うつ剤を飲んでいます。
ご飯は命がけ なのでご飯の時は興奮を抑えるのが難しいんです。
興奮を抑えるお仕事をしてくれるのがセロトニンで、それが減っちゃうのを防いでいるのがフルオキセチンです。
セロトニンは一瞬で減ったり増えたりするので、ミレルがブラックミレルになるのはご飯の時で、食べ終わってお皿がなくなるとエンジェルミレルに一瞬のうちに変わります。
まるで二重人格のようです。

そう、ミレルは病気なんだから仕方ない。
先生のおっしゃる通り焦らないで治療を続けないとね!
咬まれると心が折れそうになりますが、どんなことがあってもミレルを守り続けると決まっているので愛情は変わりません。



ミレルの先生の記事がまた新聞に載っていたので貼っておきます。
img0041.jpg
きっとミレルの母犬も栄養状態が悪かったに違いないです。
ミレルの病気の原因は遺伝もありますし環境もあるのです。

ミレルの犬舎が映し出されている映画ではたくさんのミレルの仲間だったキャバリアが鋭い視線で訴えていました。
吠えて吠えてガリガリして威嚇するような視線で人間に向かって。訴えてました。
私はその気持ちを受け取って、映画もっと伝えようって思ってます。

あっ、話がフードアグレッションから離れてきちゃったので
今日はここまで。





ミレルのフードアグレッシブは

ミレルにはフードアグレッシブ・フードアグレッションがあります。
もし、フードアグレッションで悩んでるワンちゃんがいたら参考になるかと思って書いてみます。

ミレルは劣悪な環境で育って、とにかく飢えていたのでしょう。
いつご飯がもらえるか分からない、他の子に食べられてしまうかもしれない。
そんな状況だったのだろうと思います。
また、ミレルは常同障害という病気があります。
脳内のセロトニン不足によるもので、やはりこれも過去の環境が原因と考えられます。
セロトニンが不足していると、怒りや興奮の感情にブレーキをかけることが出来ません。

フードアグレッションは給餌中に飼い主へ攻撃行動をすることです。
ミレルの場合は家に来た当時から、まずお皿の意味がないほどひどい食べ方で、
数か月後には食べながら唸る、そのうちお皿を守る、とうとう咬む(T_T)血が出ることもありました。
トレーナーの先生に教わったり、アドバイスを頂いたりして頑張ってトレーニングしていましたが改善せず、
行動治療科にて投薬治療と行動修正治療を始めました。
2013年~15年の食事風景についてはこちらをご覧下さい。
また、カテゴリ「トレーニング」遡って読んで頂ければ経緯が分かるかと思います。

それと、不思議と家以外(外出中)での食事中はアグレッションは出ません。
また、お友達と遊ぶ時などは万一に備え十分気を付けています。

さて、2016年に入りこのまま良くなっていくか?と思いきや、
少し悪くなってきてしまいました。ご飯の準備中に吠えたりドアをガリガリして待てなくなってしまい、その興奮したテンションのまま食べると早食いになってしまったり。。食後もピリピリして攻撃的になる時もありました。
また、フードアグレッションと同時に毛のお手入れを嫌がり咬むこともあって(T_T)
5月に行動治療科を再診しました。
先生からはお薬の増量を提案され、試してみる事に。またドアの前で「マテ」をさせるトレーニングをアドバイスして頂きました。
お薬を増やして1ヶ月後くらいで何となく効果を感じています。

今日、久しぶりに動画を撮ってみました。
撮られているのを分かっているのか?なかなか上手に食べれたようです。
淡々とした動画で退屈なのでテロップを付けてみましたが、
ミレルの吹き出しは本当にこう思ってるか?は分かりません(;^ω^)
与え方の手順を分かりやすく説明したかったのです、どうぞご覧下さい。


まだ成功率は70%くらいで、出来ない時もあるのですが、
フードアグレッションで悩んでいるワンちゃんがいたら参考になったでしょうか?
ミレルの場合、ご飯の準備中から興奮が始まってしまうので、コツとしては
①台所の外で待たせる
②食べ終わったらお皿から離すため外のおやつへ意識を向かせる
この2つを覚えてくれたおかげで、スムーズにご飯を与える事が出来るようになりました。
まだ普通のワンちゃんのようにご飯を与えるのは無理ですが、一日3回365日のことなのでね、
現状維持しつつ少しでも成長出来ればいいかと思っています。

フードアグレッションは根深いです。
食に執着が強いので、おやつの選び方、与え方にも注意が必要です。
ガムや大きいおやつなど、食べるのに時間がかかるおやつへの執着が強く、取られまいと守ってしまってアグレッションになってしまいます。
手で持って与えても、美味しい気持ちが興奮に繋がってしまい、ものすごい力で奪おうとしたり咬んだりしてしまう時があります。
安全に食べきるサイズの方がミレルには合っていると思います。

先日ヒヤリとした事がありました。
ミレルのおやつは小粒のフードやボーロなどでトリーツポーチに入れて与えています。
そのトリーツポーチをうっかり床に落としてしまって、ミレルに盗まれました。
いたずらせずクレートに隠すだけならいいのですが、クレートの中でポーチをくちゃくちゃと噛み始めました。
ファスナーなどの金具が壊れて飲み込むといけないので、他のおやつと交換で取り上げようとしたのですが。。
他のおやつもミレルの大好きなスペシャルおやつだったので余計に興奮してしまい、
クレートから出てはきましたが咬まれました(T_T)咬む行為はミレル自身本意ではないので可哀想なことをしました。ごめんね。
(トリーツポーチは回収できました)
最近はおやつへの執着も弱くはなってきていたので油断していました。
まだ状況によって興奮してしまうようです。
今回はどうすれば良かったかと言えば、ご飯の時同様に離れた場所におやつを置きドアを閉め、おやつに意識があるうちに回収するべきでした。

行動治療の先生からは決して叱ってしつけてはいけないと習っています。
興奮しやすい子は目も合わさない方が良いと聞いています。
ミレルも最初、目を合わせないようにアドバイスされました。
アイコンタクトでトレーニングしていたので、真逆な方法に最初は戸惑いましたが、
ミレルの興奮、攻撃的な感情をなるべく出さないように飼い主が動く事が重要です。

フードアグレッションはその子と飼い主、住環境や生活スタイルによっても修正方法が変わってくると思います。
色々な方法があると思いますので、行動治療専門の先生にカウンセリングを受けるのもいいかと思います。
話が反れるかもですが、「咬む」を理由に飼うのを止めてしまう飼い主さんもいるようです。
お願いです放棄・遺棄はしないで下さい。犯罪です。
攻撃行動には理由があります。ミレルのように原因が分かれば治療やトレーニングで改善されるかもしれません。
大型犬などは特に大変だと思いますが、飼うのを止める前にやるだけやってみるのが飼い主の責任じゃないかと思うのです。
ミレルの先生にカウンセリングを受ける前に「治療前調査票」というものを書かされました。
こちらのPDFです。 http://vbm.jp/DogQ.pdf
この8ページ目の質問

<8. 治療について>
8.1 あなたは,イヌの行動治療を受けるにあたって,どの程度の覚悟をしてますか?
次の5つの中から選んで下さい。
1. 問題行動はそれ程深刻ではありませんが,興味があるため来院しました。
2. 問題行動はそれ程深刻ではありませんが,できればやめさせたいと思っています。
3. 問題行動が深刻なので是非やめさせたいが,もしやめさせられなくても構いません。
4. 問題行動はかなり深刻なので是非やめさせたいが,もしやめさせられなくても飼い続けます。
5. 問題行動はかなり深刻なので是非やめさせたい。もしやめさせられない場合は,このイヌを飼うことを諦めるか,安楽死を望みます。



この質問、重かったです。
でも、ミレルを迎える時どんな子でも受け入れようと決めていたので4と答えました。
お悩みの方はこの質問票を書いてみるだけでも気持ちが変わるかもしれませんよ!
今後ミレルにまた変化があれば記事にしようと思います。






動画集:フードアグレッション対策

ミレルのフードアグレッションには長い間、悩んできました。

同じようにフードアグレッションでお悩みの方へ参考になればとの思いもあり、
動画をまとめてみました。
YouTube で限定公開だった物も公開にしてみます。
これを見た人はミレルを嫌いになっちゃうかもしれませんが。。。
でも、これも大切なミレルの成長の証だと思うので。。。恥じる事はないと。



当初は自然にいつか良くなるだろう。。と思ってたんです。。
でもそうもいかない状況になってきました。
それでトレーナーの先生や行動科の先生にこのような動画を見てもらって治療をしてきました。
ミレルの場合、生い立ちの環境が元のトラウマと、脳内のセロトニンというホルモンが不足している事が原因なので、投薬治療と共に行動治療しています。
では、動画集はじめます。



2013年の7月、オカンさんが連れてきてくれたガリガリ痩せっぽっちのミレル。
オカンさんが「食べ方が本当可哀想で。。とにかくちょっと食べさせて見て下さい」と、私に言いました。
私は用意していたフードをフードボウルに入れて食事台に、置く前にミレルはフードボウルに飛びかかっていました。
飛び散るフードにむさぼりつくミレル。
その姿は飢えた子供が久しぶりに与えられたご飯を必死に食べてる様でした。
相当飢えていたと思います。
うちに来てしばらくの間はこんな感じで必死な食べ方でした。



そのうち、秋ごろになってご飯のお皿を守ってしまい唸るようになりました。
この時初めてフードアグレッシブ、フードアグレッションという言葉を知りました。
お皿を守ってしまうので手で持って与えています。
ちょっと唸ってます。



お皿を守ってるところです。

手を出すと咬まれます。



トレーナー先生に相談して色々試してみていました。
手から与える、お皿に追加する、ご飯の終わりお皿を下げるのにおやつを使う、
複数のお皿を使ってみる、別室へ誘導してお皿を下げる、などなど色々アドバイス頂き頑張っていました。
これは2014年春ころ。

少しよくなってきていたように感じていました。。。
お座り・マテ・ヨシ!で食べる練習もずっとしていたのですが。。。



セカンドオピニオンで試すことになったお薬を始めてからフードアグレッションがまた酷くなってきました。
2015年入ったころかな。

食べ終わると襲い掛かってくるのでお皿は下げれません。
この動画の最後の方は実は咬んでます。



食べながら唸ったり吠えるので、むせてしまって誤嚥しそうで毎日冷や冷やでした。
2015年3月

流血する日もありました。
サードオピニオンで行動科を受診しよう!と決断した理由の1つはフードアグレッションの悪化。
けっこう精神的に追い詰められていました。


行動科の先生の治療は素晴らしく、ご飯の与え方を一新しました。
フライパンのような取っ手のある器で与える、
ミレルの目は見ない、
唸ったり吠えたり飛びかかってきたら、動かずフリーズして待つ。
急に動かないゆっくり動く事。
ミレルを刺激する要素を出さない事。
お薬を変えた事もあり、順調な出だしでした。
この頃の動画もありますが、長いのとあまりにも私の顔が出てるので(;^ω^)飛ばします。
器は長い取っ手付のプラスチックボウルでした。



行動科受診後、一瞬良くなった時期。
フードアグレッションは治った!と思っていました。普通のお皿で食べれたし!
が。。。
幻でした。。。
これはお薬による副作用だったのです。




だんだん悪化。

たいぶ食べ方はマイルドになってきましたが、お皿を下げる時はゆっくりと、ミレルが吠えてる時はフリーズする、目を合わさない事と指導されていました。(お皿は小さな取っ手付スープカップ)


2015夏はまた咬む事も(T_T)。。
行動科の先生に相談したり、フェンスを使ったり、色々試してきました。


ミレルは一日朝昼晩3回食事します。
一日3回365日。
いつもこんなんじゃ。。。
いつになったら普通に食べれるんだろう?
咬まれるとやっぱり落ち込みます。
ミレちゃんだって嫌でしょう。
楽しいはずの食事タイムが。。


そんな時に転機があったんです!
シーザーミランのDVDを見ました。
以前からシーザーのDVDや動画を見て、フードアグレッションの回も参考に見てましたが、
転機になったのは他の問題行動の回。
でも、その内容から何かヒントを得たんですよね。
シーザーが言う、「飼い主のマイナスの気持ちは犬に伝わってしまう」「もっと犬を信じて」
ってところが大きいかな。
ミレルの気持ちになってみようと思いました。


ミレルはもしかしてお皿を持つ手が嫌なのでは?
ミレルが吠える理由は、
「もう、一人で食べれるよ。お皿を取らないで!」と言ってるんじゃないかな?

思い切って、お皿を床に置いてみる事にしました。
でも、お皿のそばに私達がいるとやっぱり食べ終わると守ってしまいます。
それに、ご飯の準備中も興奮して冷静でいられなくなってしまいます。
では、他の部屋でご飯を作ろうか?ん。。それは無理。キッチンでないと作れない。
では、ミレルを別室で待たせよう!そして、ミレルのご飯中はミレルを信じて私達が別室へ行こう!

と思い立ったのです!
早速、食事のルールを作ってミレルに教える事にしました。
スペシャルなおやつを使ってキッチンの外へ誘導→マテ
これが出来るようになってどんどんスムーズになってきました。


けっこう端折りますが、現在2015年11月。
ルールは
① おやつで誘導してミレルを台所の外で待たせる
② ご飯の準備をする→ご飯を床にセットする(手におやつを持っておくこと!)
③ ドアを開けてヨシ!食べてる時はミレルの視界に入らない事!
④ 食べ終わったら、呼んでまた外で待たせる(手に持っていたおやつを使う)
⑤ お皿を下げる→ご褒美のおやつを置く
⑥ ドアを開けて終了


どうです?
普通に食べてるでしょ?
何か楽しそうにも見えません?
ガラスの向こうで楽しみに待ってる様子がかわいくないですか?
やっと普通のお皿で食べれるんです!

この作戦にして1ヶ月くらい経ちますが、ほぼ成功しています!
ミレルもゆっくり食べれますし、私達も焦る事なく、咬まれる事なく与え、お皿を下げられ、お互いストレスない食事タイムになりました。
先生にも動画を見てもらって「ルールが分かりやすかったのでしょう。落ち着いてワクワクご飯を待っているように思います。素敵なアイディアです。こちらも参考になりました。ありがとうございました」と言って頂けました。
また悪くなるかもしれませんが(←このマイナス思考が私のいけないところですね)
今のミレルにはこの作戦が合ってるようなので続けていこうと思います。


「食べる」って生きてくのに必ず必要で、大切なのに、それが今まで自然に出来なかった。
怒りながら食べるなんて。。。
怒りながらでもミレルが食べるなら、別に咬まれたっていいや。とも思いました。
でもやっぱり咬まれるのって悲しいですよね。落ち込みます。
それに決して良い事ではありません。小型犬だからまだしも大型犬なら大怪我になってしまう。
2年以上悩み、試行錯誤してきました。
お友達にもアドバイス頂いたり、先生方にもお世話になりました。
何より、ミレルは私達を信じて付いてきてくれました。嫌だった事多かったと思います。
フードアグレッションの原因は様々で、その子その子によってケースバイケース、修正法は色々だと思います。
ミレルには遠回りだったのか、近回りだったのか分からないけど、やっと良い方法が見つかりました。
たぶん自然には治らない思うので(お薬だって飲んでるんだし、今だってこのルールでないとダメです、食べてる時にミレルのそばに行くと唸ります)
でも、いつかもっと普通に、ルールがなくても何も気をつけなくても普通に食べれる日がくる事を願っています。焦らず、それが何年も先でもいいです。

-相乗効果-
ご飯タイムで興奮する事がなくなったせいもあり、一日中穏やかに過ごせる日が増えてきました。
怒りの気持ちが沸点に達してない日が続いた方が同情障害の治療にも良い気がしています。
ご飯以外でも機嫌が悪くなるシーンはミレルの気持ちをよく聴いてあげようと思います。



以上、2013年~2015年 ミレルの食事風景でした。










栗に吠える

頂きもの 栗

DSCN4361.jpg
僕にも


DSCN4360.jpg
食べさせろー!!!



ミレル、けっこう吠えるんです。
しかも声が大きい。
吠える原因は色々あるけど。。
ビックリした時吠える、怖くて吠える、
っていうのは、どうやったらやめさせられるのか?難しいです。

要求吠えは無視すれば、吠えても貰えないんだ。と分かってくれるけどね。。
↑栗に吠えてるのは、たぶん初めて見る栗に反応して吠えてます。
咥えたり嗅いだりして遊んでみたかったんでしょうね。
もちろん栗では遊べませんのですぐ目の届かない場所に置いて無視です。

昨晩は津波のサイレンや防災放送が鳴って、ビックリしたミレルは吠えまくりました。
夜中だし、近所迷惑にもなるので止めさせたいけど、怖くて吠えちゃうのはなかなか難しい。。
急いでベストハーネス(包まれる方が安心しそうだったから)を着せてリードを付けて、
部屋の中を吠えながらオロオロしちゃうので、リードでお布団に誘導。
リード引いておけばお布団に保定できるし、ミレ的にも安心するみたい。
リードってやっぱり命綱なんだな。。
音が鳴りやんだと思ったら今度は雷><!でもミレルは何故だか雷にはほとんど無反応。
(地震は吠えます)
すごい雷雨だったので、今度は大雨警報が出るとまた吠えるので冷や冷やしながら(人が)あまり眠れぬ夜でした。
ミレルはハーネスしたら落ち着いてジルケーンも飲んだので泣き止みました。
災害が起きた時、すぐに繋げるように枕元にハーネスとリードを置いておくのは大切だと改めて実感しました。
もちろん普段、家にいる時も迷子札(電話番号刺繍入りのソフトカラー)はつけっぱなしです。
毛に埋もれてるけど(^_^;)




久しぶりトレーニング

美味しいランチの後はトレーニングです
前回のトレーニングからずっかり間があいてしまいました(^_^;)
お家で自主練も時々やっていましたが。。。
どうしてもお家だと甘えが出てしまって(^_^;)そんなに上達していない。。。

今回は大学病院行動科の再診報告と、
前回の復習と、
新しく「あご」を教えたくて先生に相談しました。
行動科の先生のカウンセリングで、ミレルが人の顔をひたすら舐めるという常同行動をしてしまう時、他の事に切り替える目的で、
膝の上にあごを乗せる行動を教えたらどうか?と提案がありました。

これがなかなか自分達では教える事が出来ずにいました。
ミレルが膝の上に完全に乗っている体勢からだと、膝の上にあごを乗せるポジションになりにくいんです。
なので、膝の上にあごではなく、手のひらにあごを乗せるという行動をまずは教えてみよう!という事になりました。

食いしん坊なのでおやつを使って、ミレルの顔の前に手のひらをマズルの形に合わせて出して、おやつで誘導しながら「あご」
今はまだおやつをパクっと食べる為に手のひらに口がくるだけの状態ですが、少しづつ手のひらに乗せる感覚を覚えてくれたらいいな~。
これはお家でも練習しやすいので頑張ってみようと思います。


前回の復習は「お手」「マーク」「エイト」の練習をしました。
お手は、まだ高く上がらないけど自分から手を上げるようになってきました。
まだ時々「伏せ」になっちゃうけどね(^_^;)

マークはけっこう出来るようになってきてるんですよ
2mくらい離れた場所からも出来る時があります!
でもあともう少しでマークの位置ってとこでお座りしちゃう時があって、そういう時に私はつい誘導してしまいがちなのですが、もう少しミレルに考える時間を与えて自主的にマーク出来ると良いそうです。
もし失敗が続いてイライラしてしまったら距離を短くして成功させてあげるのがポイントです!


エイトは人間が疲れるからあまり練習してないけど、今日もレッスンの最後の方にやったので飽きちゃって(^_^;)
あまり上手にできませんでした。
お家では色々続けてやらずに、短い時間に1つを集中的にやろうと思います。
また、クリッカートレーニングはミレルにあってるか?
行動科の先生にメールで相談してみました。
行動修正の治療に逆効果だといけないので確認してからと思っていたのですが、
今日ちょうどトレーニングから帰ったらお返事のメールが着ていました♪
↓↓

クリッカートレーニングは、犬の自発行動(自分で考えて行動を選択する)を引き出すことができ、
遠隔動作(人から離れたところでの行動、たとえばミレルちゃんに教えているマークにいくという動作)も教えるときにも役立ちます。
タイミングもつかみやすいので、「あごをのせる」行動などを教えるときにもクリッカーを使うと教えやすくなることもあります。
ミレルちゃんはとても頭のいい子で、トレーニングが好きだと伺っていますので、
クリッカートレーニングはあっていると思います。
教える人の方も、犬も、とても楽しくできるので、ぜひお使いになってみてください。
1セッションの時間を短めにして、休憩をとりながら、楽しくやっていただけるといいかなと思います。

と言って頂けたので頑張ってみようかな♪と思っています^^
楽しみです!!!


診察前にトレーニング

今日は1か月ぶりのトレーニングでした!
前回は「お手」「マーク」を習い、今日までは自宅練習をしてきました!

★早速、「お手」強化の成果は?
前よりはだいぶ前足が上がるようにはなってきました。
まだ人の手のひらの上に乗せてくれず、私達がミレの前足をすくい上げてる状態です(^_^;)
それでも、前よりも高く上がるようになったと褒められました。

どうしても「お手」というと「伏せ」してしまう事もありますが、
頑張って考えて「伏せお手」な状態(伏せしながらお手する)になったりと(^_^;)笑わせてくれますが、
伏せからのお座りも出来るようになってきてるし、仕切り直してミレなりに頑張っています!

今後の課題は、少しづつお手の高さを上げていくために、低い位置でのお手の時はおやつをあげない。
高く前足を上げられた時に褒めておやつ。高くあげたらもらえる!と覚えさせる作戦です!
どうもミレルはお手は苦手です(^_^;)頑張らないと!



★マークは、マットを敷いて指差しで「マーク」
ミレルがマットの上でお座りできたらおやつです。

マットの目の前でマークは出来るようになりました。
1mくらい離れた場所でも何とか出来ます。
2mくらい離れるとマットより手前で座ってしまいます。

そこで2人で連携して誘導します。
マットの近くに1人待機(A)
マットから離れた場所にミレルを呼ぶ(B)
その間にAはミレに気付かれないようマットの上におやつを乗せる。
Bは「マーク」のコマンドを出しマットを指差す。
おやつに釣られてマットへ向かうミレル。そのタイミングで「お座り」のコマンド。
出来たらおやつ。

この方法はお座りできないと食べ逃げになってしまうので難しいけれど、
何となくマークのコマンドでマットの方へ向かうようにはなってきました。
時々、上手にマットの上にお座りも出来たり、
そうかと思うと脱線して全然違う場所へ行ってしまったり。
集中力がなかなか続かないミレルですが、タッチが得意なので、Bがタッチで呼んで軌道修正!
繰り返し練習しました~!
マットの場所を変えたりしながら家でも練習しようと思います。


★今日は他に、タッチの強化にもなるし、おやつを持った手に鼻を着けるのが得意なので、
「エイト」の練習も教わりました。
足を開いて立つ人の足の間を潜って、8の字を描くように回ります。

両手におやつを持って準備。
片手ずつ、ミレルの鼻先におやつで誘導します。
まだ上手じゃないので、ミレルの鼻の高さで誘導するので、人は腰を折って頭に血がのぼるような体勢なのですが(^_^;)
右手と左手交互にテンポよく出すと、上手い具合に8の字に誘導できます。

少しずつ手の位置を上げて行って、人の動きを小さくしていきます。
最終的には腰を折らずとも立ったまま、手で腿を左右交互に叩くだけでエイト出来るようになるのが目標です!

これはけっこうやってる方も楽しいです^^
腰を折るのは辛いんですが(^_^;)自分は同じ位置で、ミレルだけがぐるぐると私の周りを8の字に歩いているのが何となくとっても可愛くて♪タッチで呼んでからのエイトも出来そうです!
初めての割には上手に出来たので、お家でも練習頑張ります!


先生、今日もありがとうございました!
またよろしくお願いします!






診察の後はランチ&トレーニング

午前中に診察が終わり、2時~のトレーニングまでランチタイム

フレッシュネスバーガー




テラスはワンコOK
DSCN3097.jpg
日陰のテラスなので風が通ると涼しくて良かったです!


DSCN3091.jpg

DSCN3090.jpg

DSCN3087.jpg
ミレちゃんのお昼はトレーニングのご褒美に使うのでここでは、なーし(^_^;)
ごめんねミレ(^_^;)
トレーニングでいっぱい食べようね!



ランチの後は再び病院へ戻ってトレーニングルームへ
DSCN3102.jpg
ここがトレーニングルームです^^


クレートinで待機。。
DSCN3101.jpg
「今日は何をするのかな?」



久しぶりのトレーニング。
今まではフードアグレッシブ対策と、引っ張り散歩矯正トレーニングを主にやってきました。
フードアグレッシブに関しては行動科受診→投薬&行動修正でとても良い成果が出ています!
お散歩に関しても、風の強い日は飛んでくる葉っぱを追ってしまいますが、普通のお散歩はとても上手になりました!

これからのトレーニングでは常同行動が起こった時に気持ちを切り替える為にトリックを覚えたい。
クレートに籠城してしまった時、出てくるように仕向けるトリックを覚えたい。

という事で、まずは2つのトリック習得を目標にしました!
①お手の強化→ハイタッチorバイバイorカスタネットを叩くなど出来るようにする
②人間がマーク(印)した場所へ行ってお座りが出来るようにする

①はお手の延長で一発芸的な感じで覚えるとかわいいし、ミレルも出来る事が増えた方が気分転換に使えるからです。
実はミレはお手がなかなか上手にならずに。。なぜか「お手!」というと「伏せ」しちゃうんですよね。。
伏せからのお座りは難しいので、一度伏せてしまうと仕切り直しも難しい。。。

手の中におやつを仕込んでおいてミレルの顔の前に出して手を出させるという教え方やってみたけど、
ミレルは手が出ずにお口で欲しいとやってしまいます。

で、今は「お手」とコマンドを出しながらミレルの前足にちょいちょいと合図をすると前足を少し浮かすので、そのタイミングで前足を持ちあげてご褒美で覚えさせています。
少し足を浮かすようになるまで1ヶ月もかかっているのです~。
まだ飼い主の手のひらに自主的にお手する感じではないので、まずはお手の強化が目下の練習です。



②のマークは最終目標としては床にシールなどでつけた印の場所へ行ってお座りする。という技なのですが、
まず初歩としてはカフェマットなどを敷いてそこへ行ってお座りする練習です。
上手になってきたらマットを半分に畳んで、それが出来たら更に半分にと、どんどん面積を小さくして最終的に小さな印で座るというものです。
これが出来るようになるとクレートに何かを隠して守ってる時などに出てこさせる事ができます!


まずは目立つ色のマットを床に置いて。。
マットを指差し「マーク」とコマンド出しながらおやつで誘導。
マットの上でお座りできたらご褒美。これの繰り返しです。
おやつがあればマットの場所までは上手に行けます。
まだおやつに操られているだけですがね(^_^;)

慣れてきたらマットから1mくらい離れた場所から指差し「マーク」でミレだけマットに行って座れたらご褒美。
飼い主の指差す場所がマークだと理解させるように促します。

ミレはアイコンタクトが上手でついつい飼い主の顔やおやつの方へ視線がきてしまいます。
飼い主が指差す方へなかなか目がいかない(^_^;)
マットから離れて指差すとまだ難しい感じでした。

これもお家でも練習できるので毎日少しづつやろうと思います。
お家で練習する時のポイントはいい感じで成功したらそれで終わりにする事。
失敗の記憶をなるべく残さず、成功の記憶で終わりにすると上達するそうです!


ミレルも映画に出るワンちゃんのようにバミリの位置まで歩いてきて座れる子になるのかしら?
楽しみです






誘いに乗って

昨日の困ったちゃんは


あの後、風が強かったので窓開けて部屋に風を入れて、
もう一回お散歩に誘ってみたら。。

公園行くって♪

桜は満開になりました~~
DCIM0303.jpg


帰ったらお風呂へ直行!
無事、ポーチも回収!
シャンプー大好きミーレはご機嫌


ミレルは物に執着して守ってしまう時があるけど、
気が済むまで守ってればっ!ってやってもいいんだけど、
守ってる間は緊張状態が続くのでストレスだと思います。
無理やり取り上げるのもNG。攻撃行動へつながるのが良くないので。
なので、早めに気付かれないように取り上げる方が良いと思ってます。

トレーニングや楽しい遊びながらのコマンドで、守ってる物から離す。
場所も、気持ちも、離れてくれればOKなのです。

お散歩は、実はミレルは準備が嫌いです。
お散歩へ出てしまえば楽しいのですが、リードを着けたりが嫌いなんですよね。
なので「お散歩行こう!」って言葉でルンルン気分にはなってくれないんですよね~。
気難しい子ですな~。。

ちなみに、取り上げられたお気に入りを探すか?というと探しません。
執着が強いけれど、あきらめも早いんです。
よく、繁殖犬出身の子は諦めが早いって聞きますが、
ミレルも希望が通らない環境にいたので、あきらめるのが早いのかな~。と思います。
可哀想だと思っちゃうけど。。

ミレルの事をもっと理解してあげれば、もっとトレーニングなどもしやすくなるだろうと思います!
ミレルの楽しいを探していかなきゃね!

困ったちゃん

昨日の夜からずっと守ってるの、このポーチを。





ミレルのお出掛けバッグの中に入れてあった、マナーパンツなどが入ってるポーチ。
こっそり盗んできて、クレートの中に隠した!
こうなると籠城モードです。


こういう時、無理やり取り上げようとすると、唸って怒るので、
クレートから出てきた時、気付かれないように取るしかないのです。
今まで無理やり取り上げたり、叱ったりしちゃったけど、
怒るのは良くないと習ったので、うまく取れれば良いんだけどね。


昨日の夜は、夜中に人間のベッドに来てたみたいだけど、人間も寝てたのでポーチを取れず。
今朝は妹がごはんを与えてくれて、その時に私が起きて取ればよかったけど、起きれなかった。。

ご飯を食べ終わったミレルはおしっこだけして、うんちもしないでまた籠城。。。
今もこうしてポーチを守っています(;^ω^)。。。

いたずらしなきゃ、別にいいんだけどね。
ヤドカリ状態になっちゃうので。。。
お散歩に誘ってみても出てこないのよね(;^ω^)。。。


どうしましょ。



お皿を守っちゃうのも、こういうお気に入りを守っちゃうのも、
異常に執着しちゃうと、取られたくないっていう気持ちが強い、独占欲?みたいな。
なんだろうな~と思う。
かわいいお顔で守ってますが、そばに寄ると唸るし、取ろうとするとお口が出る事もあるんです。
先生からは失敗の経験をさせないように。と教えられたので、噛ませる行為に繋がらないようにしないと。


こういう気持ちから切り替えてあげる為に、お薬が有効なんだろうと思うけど、
切り替えるきっかけになるスイッチみたいなの、うまく押してあげないとね。人間が。

トレーニングがこういう時に役に立つ!
もう一回誘ってみよう~っと!


もしもの為に

ミレルは繁殖場から「ちばわん」によって保護されました。
「ちばわん」にはいくつかルールがあります。
その中の1つに「絶対に迷子にさせない」という大切な約束事があります。

迷子にさせない為に
☆シャンプー時以外はカラーを着用し迷子札をつける。
☆お散歩は必ずダブルリードで行いましょう。
☆店先に犬だけ繋いでお買い物は禁止。
☆車の中はキャリーに入れるか、しっかりリードで固定する。
☆玄関や窓からの脱走防止のゲートを付ける。
☆お散歩は歩きやすい服装・履き物で行う事。
☆お散歩前に首輪・ハーネスに緩みがないか確認する。
☆迷子札・鑑札はついているか確認する。

ミレルはうちに来た時からこの約束を守ってきました。
迷子札もつけていますが、マイクロチップも入れました。
脱走されてしまう場所はうちは玄関だけなのでゲートを設置。
車はキャリーinです。
お散歩もダブルリードでしていました。

でも夏、キアリ奇形・脊髄空洞症が見つかり獣医さんから「首輪の使用禁止」と指導されてしまいました。
首への刺激は症状の悪化に繋がる場合があるからです。

ちばわんのおかんさんに相談しました。
獣医さんの言う通り、ミレルは首輪は使えません。
その代り、お散歩の前に必ずハーネスの破損、緩みがないか確認する事。
迷子札と観察は必ずつける事。
可能であればハーネスを2つ装着する事。
しっかり電話で確認しました。

それからは今まで以上にハーネスの確認をしているつもりです。
でも、ダブルリードに慣れてしまうと今度1本になってしまった時、すごく怖いんですね。。。
もし、この1本が外れてしまったらどうしよう。そんな不安がつきまといます。。。
最近、落ち葉の季節になり葉っぱを追いかけてしまうミレルのお散歩は冷や冷やです。車道に飛び出してしまったらひかれてしまいます。

もちろんお散歩トレーニングの自主トレは続けていますので、おやつを使って葉っぱではなく私の方へ意識を向けてくれるように、アイコンタクトしながら横に付けて歩く練習は毎日しています。
それでも、どうしても風のある日や、落ち葉が多い道などは葉っぱに意識が向いてしまうのです。。。


ちばわん卒業犬の迷子が続いています。
預かりさんのブログなどで注意喚起されているのを読むたびに、気を引き締めなければ!と思うのです。
おかんさんのブログにも「迷子について」があります。
預かりさんや里親は寝袋持参で捜索活動をする事もあるそうです。
実際、今、迷子になってるワンちゃんを探している預かりさんのブログを読みました。
「広い海の中で、一匹の魚を捜すようだ」と書いてる方がいました。
もしミレルがいなくなったら?と考えると怖くなります。
今のこの幸せが一瞬にして地獄に変わってしまうのです。
おかんさんに迷惑をかける事もできませんし、迷子にしてしまったら見つかったとしてもミレルを手放さなければならないかもしれません。

そこで妹ともう一度、話し合いをしました。
「ハーネスを2つ使おう!」やっぱりこれが一番安心です。
「風が強い日は葉っぱを追いかけてしまうのでお散歩はしない」
「葉っぱを追いかけないようにトレーニングは続ける」
「ハーネス2つは見た目も悪いし、ベスト型やコート型のハーネスを作ろう!」


とりあえず、家にある違う形のハーネスを2つ着用してお散歩してみました。
DSCN0413[1]
やっぱりダブルの方が安心感がある~♪

それとミレルが咥えているのは平たい形のガムを葉っぱの形に切り取った物です。
DSCN0464[1]



このガムは食べさせるのが目的でなく、咥えさせるのが目的です。
葉っぱの形に大きめに切って、咥えさせると得意気な顔で咥えたまま歩けます!
DSCN0415[1]



落とすと取られてしまうので必死で咥えたまま歩くので、飛んできた葉っぱに目もくれません!
DSCN0424[1]


早く始末しないと食糞されてしまうのですが食べようとしません(;^ω^)
DSCN0416[1]


でも、このガム葉っぱ作戦は、お散歩中はいい感じなのですが、
今度はガムを取り上げるのが大変でした(;^ω^)。。美味しいおやつと交換がうまくいかないとガムを守ってしまいフードアグレッシブになってしまいます。適当なところで取り上げて、やはりしっかりトレーニングした方が良さそうです。

同様な方法なのですがリカティースティックも葉っぱより舐めたい!って感じで引っ張らずに歩けるのですが、どうもあの外国製特有の臭いが私は苦手で(;^ω^)。。。


これはミレルがうちに来てすぐ作った電話番号を刺繍したカラーです。
シャンプー時以外はずっとつけっぱなしです。
DSCN0454[1]
ずいぶん汚れてきたね(;^ω^)今度新しいの作ってあげるね♪

それと今度トレーニングで呼び戻しの練習もしなければ!
広場などで練習する用にロングリードは買ってあるのですが(^_^;)寒くなってきちゃって練習してない(;^ω^)
頑張ろう!