通院記録 2018/2/17 眼

2月17日

シャンプー後のゴスロリで(T_T)
目を擦ってたので(だからシャンプー後にヒアレイン打ちまくってたんだけど)
おやつで釣って止めさせようと、おやつの袋を手に持ってミレルをお座りさせた。
おやつを袋から出した途端、ミレルがフライング!私の手に向かってジャンプ!
その時、ふくろの角が目に入ったようで「キャン」と鳴く><!
右眼がショボショボ。
よりによって角膜潰瘍治りたての右眼だよ(T_T)
しかもまだ白いポッチ(結晶沈着は少し残ってる)

これはまずい><!

即、病院。
が、私は仕事へ行かねばだったので、妹に委ねました。


体重 7.95㎏
角膜染色検査をしました。
右眼に縦に2㎜くらいの傷がある。
結晶沈着の部分の少し上でした。危なかった><!
左眼は擦った傷がある。

右はパピティン(角膜障害治療剤) 1日に5回
左はヒアレイン(保湿) 1日5回
両眼にベストロン(抗生剤) 1日に5回 

今回は右眼の傷が早く治るようにパピテインが出されました。
左の擦った傷はヒアレインで治るでしょう。
細菌感染をしないようにベストロンは両眼。
1週間後再診です。

やはり右眼は袋で傷になってました。
左はゴスロリで擦ってました。

反省。
食べ物を目の前にすると飛びかかってくるので、
角のある容器や袋に入ってるおやつはトリーツポーチに入れ替えてから与えるようにしてたんだけど
今回は面倒で袋から直接出した私がいけなかった。ごめんねミレル。。

それと、これから毎回シャンプーの後はパラボラカラーをしよう。
凶暴になっても眼を傷つけるよりいいもんね。


とりあえず今はドーナツタイプ使用中。
IMG_9126.jpg

後悔先に立たず。。悔やんでもどうしようもないけど、本当に人災でミレルに申し訳ないことした。
ごめんね。
傷は小さく、先生のお診立てでは1週間。
どうか入院前に治りますように!

Category: 病院

通院記録 2018/1/12 動物眼科 終了

昨年12月に治った角膜潰瘍ですが、1ヶ月後にチェックしましょうと言われていましたので
本日どうぶつ眼科へ行ってきました。
ここに来るのも今日で5回目ですね。



今日の診察は、初診で予約もせず駆け込んだ時に、無理くり時間を作って診て下さった先生です。
(3回目と4回目の診察は他の先生でした)

まずは問診。
・前回から目をショボつかせる事もなく、ヒアルロン酸も順調に点せています。
が、シャンプー前後にタリビッド軟膏を入れようとすると咬もうとして出来ません。
シャンプーの時はヒアルロン酸を多めに点しています。

・寝起き時に白っぽいようなグレーっぽい色の目ヤニが出ている時があります。
・目の中に毛が入ってしまった時の対処法を教えて下さい。


問診の後はお預けして検査です。
・スリットランプ検査
・角膜染色検査

画像を見ながらの診断です。
初診の時に比べて結晶沈着がかなり小さくなっています。
結晶沈着の中にあった角膜潰瘍ですが前回の診断通りしっかり表皮も張っていて治っています。
肌の傷跡のように潰瘍の跡はありますが、染色検査で残る部分はなくとても綺麗です。
何度もミレルの角膜染色検査の画像を見せてもらってますが、こんなに綺麗に何も残っていない画像を見ました!
角膜表面に傷がないと、染色液を流せばパっと弾くように流れて行くと聞きましたが、そんな感じに見えました。

「よって、これにて完治となり当院での治療は終了となります!」

今後は、結晶沈着の原因が判らないままなので、また大きくなってしまう可能性もあります。
よく観察を続けることと、かかりつけ医に罹った時は眼も診てもらって下さい。
ヒアルロン酸でのケアは続けた方が良いでしょう。
寝起きに出ている白っぽいグレーっぽい目ヤニについては問題ありません。濡らしたコットンなどで拭ってあげて下さい。
眼の中に毛が入った時はヒアルロン酸を数滴入れても流れないようだったら、生理食塩水でジャジャーっと流してもいいです。
眼の中に毛が入ったままの状態は角膜を傷つける事があるので、上手に取れるようなら取ってあげた方がいいです。
プール遊びなどもOK、生活に制限はありません。長く掛かりましたがよく頑張りましたね!
異変があったら早めに受診して下さい。でももう来ないのが一番ですね!
と、先生に笑顔で見送られ、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
横浜は遠かったけど良い病院で診て頂けて本当に良かったです。

ミレちゃんも頑張りました。
遺伝病は治らないので、病院のお世話になるのが当たり前だけど、
治る病気はこうして「完治」って言われると嬉しいものですね。

2018/1/12 角膜潰瘍治療終了






Category: 病院

通院記録 2017/12/11 動物眼科 4回目

12/11 (月)
眼科の再診に行ってきました!
今回も前回と同じ先生です。

まずは問診。ミレルの様子はどうでしたか?何か気になる点はありますか?
・2週間前の診察から、だいぶ目が開くようになってきました。
・エリカラもドーナツタイプなら大丈夫そうなので掻くような時は使っています。
・肉眼で見た感じも穴がだいぶ塞がってきてるように見えます。
・両眼同じ回数点眼していますが、潰瘍のない左目のコンディションは初診の時から変化はありますか?
こんなに頑張って点眼してるので少しは良くなってて欲しい!

では一旦お預かりして検査をします。
ミレルは前回から預ける時にキャンキャンと泣くようになってしまいました(T_T)切ない><!
でもこの病院の検査は本当に短時間で終わらせてくれるので、
すぐに「頑張りました!」とニコニコ大暴れで帰ってきます。

結果の説明
スリットランプ検査と角膜染色検査をしました。
まずは右目。角膜潰瘍は治りましたーーー!
染色の検査ではまだ潰瘍だった場所に少し凹みが残ってるので染色が残る感じはありますが、
表面にしっかり皮が張って治っています!
(なので細菌感染を調べる細胞診はなしでした)
また、結晶沈着の面積も小さくなってきています。
沈着していた結晶がすこしずつ落ちてきてきています!

左眼は染色検査では若干、点状に残る(点状表層角膜症)はありますが傷もなく
眼の大きな犬種「並み」な状態でよくケアされていると思います。

やったー

と喜びたいところですが、
まだ結晶沈着してる部分が剥がれて潰瘍になる恐れはあるので、
あと1週間右眼のみタリビッド点眼、両眼ヒアルロン酸
その後は両眼(無理なら右のみ)ヒアルロン酸で様子観察となりました。
何もなければ次は1ヶ月後で良いそうです。

その、結晶沈着が剥がれるのは、擦ったりのタイミングで傷になるのもあるけど、
普通に何もしていなくても剥がれることがあるそうです。
健康な角膜の表面とは違うので、よく観察してまた目が開かないとかショボショボしてるとかになったらすぐに連絡をするように。
とにかく大事なのは保湿です。


そこで、お友達に教わった「ムコスタ」という目薬を聞いてみました。
先生は、人用のドライアイの治療に使うお薬ですが、まだ動物での臨床結果が多くないので処方していない。
少し苦いので眼から喉に落ちてくる時に苦くて嫌がる子がいるかも。

それと「ソフトサンティアにひまし油を1滴混ぜて点眼する」というお話も教わったのですが?と聞いたら
眼の油分が足りない子(マイボーム腺がうまく機能していない)には油分を補給する目的で処方される先生もいらっしゃいますが、衛生面の管理が難しい点もあり、当院では処方していません。

ミレルちゃんの場合、今までの治療で良くなってきているので、今はあえて変える必要はないかと思います。
定期的な診察をしてまた何か変化が起こった時はその都度、対応を考えて行きましょう。

一先ず安心できました!
10/20に目がショボショボし始めて2ヶ月弱。長かったけど治って良かったーーーー!!!
途中、耳のケアが出来ず外耳炎にもなっちゃって耳の治療も本当大変だったしね。
ミレルもすごく頑張ったのでたくさん褒めてあげました!!!


そもそも、右眼に白いぽっちが出来たのが3月。
その時も地元の病院で抗生剤とヒアルロン酸が出されて点眼していましたが、
今よりぜんぜん回数も少ないし、点眼の期間も短かった。
3月の時点で眼科専門医に診せていたら今回のように角膜潰瘍なんてならなかったのかもしれません。
ま、後悔しても仕方ありません。
今後はこれ以上悪くならないように頑張ります!
スクラッチング防止も兼ねて!


という事で、ミレルの神経症状の動画が撮れたので貼っておきます。
ミレルはキアリ様奇形による脊髄空洞症ですが、今は神経のお薬は飲んでいません。
スクラッチングの頻度は少なく、夜寝る前に起こる事が多いです。
すぐに治まるときもあるし、なかなか治まらずにグズリ続ける事もあります。

後ろ足で耳や首のあたりを掻くスクラッチングと言われる行動や
マズルを床に擦る、四肢の先の方を咬む、床を掘る。
などの行動をします。
一見、耳の病気か?アレルギーで皮膚の病気か?と思われがちですが
ミレルの動画を見て頂くとそれとは違うと分かると思います。
脊髄空洞症の神経症状で感覚の異常が起こっています。それが痛いのか?痒いのか?
むずむずなのか?ジリジリビリビリなのか?分からないけど、いつもと違う感覚があっての行動だと思います。



これのせいで眼を傷つけちゃう事もあると思います。
お目目のコンディションがプルプルウルウル良い子ならバリアされるかもですが、
ミレルのお目目はコンディション良くないので、気を付けなくっちゃです。
神経症状の頻度が上がってきちゃったらガバペンかリリカ再開かなーっと思ってます。
今のところ、何とかなってるかなと。。


さて、角膜潰瘍が治った喜びのランチは中華街へ繰り出しました!
つづく!
Category: 病院

通院記録 2017/11/27 動物眼科

眼科の再診でした。
今回は、初診と前回に診て下さった先生がお休みで、違う先生の予約でした。

問診の後、お預けして
スリットランプ検査
細胞診
染色検査
をしました。

こちらは初診の時に先生が書いた診断説明です。
img001_20171128211912a6b.jpg

右眼の結晶沈着している部分の端のところに潰瘍(めくれて穴が開いたような状態)があります。
img0012.jpg
抗生剤とヒアルロン酸の点眼をしていますが
赤い○の部分は白く浮腫になってきています。
前回はそのせいで傷(穴)が深くなっているように見えると言われました。

2週間点眼を続け
潰瘍が出来ている部分の一部は結晶沈着が落ちてきていると
だけど穴は少し深くなっている
だけど表面に皮が張ってきてるのでこれ以上深くなることはないと思う
二次感染は本当に良くないので細胞診をしました、感染はありませんでした

という結果で、穴は塞がってはいないんで、良くもなっていないし悪くもなっていない。
前回とあまり変化なしという感じでした。
今回診て下さった先生はやはり眼軟膏をおすすめされ、外科治療ならコンタクトレンズのお話をされました。
ただコンタクトレンズでの治療はエリカラをしないといけない(目をしっかりガードするにはメガホンのようなタイプで)
そして1週間おきに通院が必要とのことで、遠方なミレルには無理なのです。。
なので、軟膏が一番いいですよ!って話になるのですが、先日もキャンディは咬まれてますので、そうお話しましたら、
今回の先生はミレルの精神的な病気についてあまり理解がなく、口輪を使って下さいとか言うし。。
お顔の前に人の手が来るのが怖いんで、目薬だってやっとやってるんです。
最近やっとお利口に我慢してくれるようになったのに、口輪なんか付けようとしたらまたストレスがかかって咬もうとする気持ちに逆戻りです。
治療の最善が軟膏なのは重々承知ですが、もう少し行動治療してるミレルの気持ちを分かって欲しかったなぁ~。。

という事で今まで同様、抗生剤点眼+ヒアレイン、+出来そうだったら軟膏。で決着しました。
そしてエリカラも少しずつ慣らせる努力をします。

また2週間後今回の先生で再診です。



Category: 病院

エリカラ

眼がなかなか良くならない場合、外科治療になるかも。。と言われています。
もし手術したら術後は絶対エリカラ必須でしょう。

それに、スクラッチングで眼を掻いてしまう時もあるし、
目薬の後などは前足で眼を高速カキカキしちゃうんです。
タロタンがお目目治療中の時に、タロタンママさんがよく「高速カキカキ」って言ってたけど、やっと意味が分かった!
この事なのね、本当にびっくりなくらい高速で掻きます。

なのでエリカラを避けて通る事は出来ないだろうと思い
慣らせてみようかと




IMG_3625_20171121002015cb5.jpg
市販のエリカラです。
ミレルは臍ヘルニア&腫瘍摘出の手術の時にエリカラをしていましたが、
その時もプラスティックのエリカラは「この世の終わり」状態で固まって動けなくなってしまいました。。
今回も同じような感じで固まって何時間でも動かずにいる始末。。
あげく、ずっと小さく唸っています。う~~~~~~~。。。。。
触ろう物ならガブっときそうな勢い。
「俺に触るんじゃねぇ!」状態になってしまいました。。。
だからエリカラ外すのも命がけよ~!


そこで、布製ならもしかして大丈夫かも!と作ってみました!
2017-11-21.png
キルティングの中には芯地を入れてありますが、柔らかく出来上がりました!


まずは警戒心を起こさないように側に置いてみる
2017-11-21 (1)


大丈夫そうと思ったんですけどね、
着けていたら、プラスティックのエリカラと同じ反応でした(;^ω^)。。
着けたらずーっと動かず固まってう~~~~~~。。。。と唸っていました(;^ω^)


そして
2017-11-21 (2)
こんにゃろめ!こんにゃろめ!と掘り掘りした後、枕代わりに乗っかって寝てしまいました。


ちなみに、この使い方ならけっこう平気っぽい。
IMG_7887.jpg
後足でスクラッチングは防げないけど、前足高速カキカキは防げるかも?
この写真右眼の角膜潰瘍が写っています。ちょうど目の真ん中あたりの白くなってるのがそうです。
肉眼で見るとその白いところに黒い穴が開いているのがわかります。
まだ角膜はぜんぜん再生していません(T_T)


あと、これも平気っぽい。
IMG_7892.jpg
人間用の、空気を入れて使うタイプの首枕。
ほら、よく乗り物に乗る時とかに使う首に着けて使う枕あるでしょ、あれ。
浮き輪みたく軽いので、着けてても気にしない様子。
これならスクラッチング防げるかなぁ~?
どうにか固定出来るようにしてみようかな。


昨日あたりからお目目パッチリ開いてる時もあって、
頑張って目薬はやってますけど、少しは快方に向かってるなら嬉しいです。
来週は眼科の再診なのでそれまでに更に良くなってますように。


Category: 病院

通院記録 2017/11/17 狂犬病予防注射

眼と耳の診察続きでブルーなミレルには酷だと思いましたが、
予定通り11月中に狂犬病予防注射を執行致しました。
そもそも4~6月にしないといけないのに遅れてますよ!って強迫(^▽^;)?されてるのでね。。
毎年11月にやってたのでそれでいいと思ってた私ですの(-_-;)

眼の先生にも狂犬病予防注射はOKですと確認済みですし、
眼以外は体調は良いので。(精神的には良くないですけど)




体重7.9㎏ ほら痩せちゃった。。
体温 38.6℃ 平熱

まずは耳の診察から
「耳の奥に毛が生えているので、耳の不調が続くようなら抜いた方がよいかも」
なにそれー!そんな事、今まで言わなかったじゃん!
そんな事を言いながら先生、再び耳洗浄&オトマックスをされ、眼も診られ。
無事に狂犬病予防注射も済みました。
耳は一週間後にもう一回診せて下さいって言われたけど、ミレル的に無理かもな。
後はお家ケアで大丈夫なのではないかなと思ってますが。。。
もうこりごりなの。。

IMG_7840.jpg
帰宅したらすぐにお籠りさん。玄関ゲートとりんご箱の間にはまって出てきませんの。
ま、自主的に安静にしてるって事で。

最近、先生はこっちから聴診してって言わないとしてくれないし、
毛が生えてるとか言って耳エンドレス作り出そうとしてるんじゃ?とかブーブー!
耳はね、先日ラキちゃんに聞いたお話がとっても勉強になって、
外耳炎繰り返すようなら専門医に診て頂こうと決めてますから、いいもん!

Category: 病院

通院記録 2017/11/11 動物眼科

11/11 眼科専門医の再診でした。

前回10/26の検査から今に至る経過のご報告。
タリビッド軟膏がとフィルタータイプのヒアレインがうまく使えず、
タリフロンとヒアレインミニに変更した事。
耳のケアが出来ず外耳炎になってしまった事。
ミレルの様子はやはり右眼がショボついている、全体的に青白く見える。
潰瘍の部分は白が濃くなってきてるように見える。
など。

問診をしっかりしてくれる先生なのでいい忘れた事はなかったと思います。
ミレルを預けて検査をして頂きました。
今回はスリットランプ検査と角膜染色検査をしました。

結果は
前回の画像と今回の画像を並べて比較しながら説明してくれたのでとても分かりやすかったです。
染色前と後、それぞれ比較して見せてくれました。

ここでは先生が書いてくれた図で説明しますね。
img001_201711120115089ca.jpg
ミレルの右眼です。
赤い○で囲った部分は、元々結晶沈着していた(白いぽっちと呼んでいた)部分。
その中の濃く塗りつぶしてある部分が傷(潰瘍)です。
最近、その傷のあるあたりが更に白く見えるのは浮腫(むくみ)の状態だそうです。
染色前の画像で見ると傷は前回に比べると深くなっているように見えます。
傷(潰瘍)の部分が細菌感染してしまうと傷が深くなってしまうそうですが、画像で見た感じそうは見えない。
細菌感染で傷が悪化した場合、角膜が溶けていくように見えるそうです。
染色後の画像で前回と比べてみると、傷の大きさはあまり変わっていないように見えます。
なのでおそらく、浮腫んでいるせいで傷が深く見えるのではないか。
良くもなっていないが、悪くもなっていない。という診断。

目がショボショボして開けにくい状態が長く続くのはミレルにとってストレスなので早く治してあげたいのですが、
潰瘍になってる場所が悪すぎるそうです。
元々健康な角膜が潰瘍になっている場合は新しく再生しやすく治りやすいそうですが、
ミレルの場合は結晶沈着している箇所に潰瘍が出来ているので、なかなか再生しないのだそうです。
眼の先生はよく皮膚に例えてお話されますが、
ミレルは元々肌荒れしてるところにかさぶたが出来て、かさぶたがめくれて傷になってる状態。
健康な肌に出来た傷と、かさぶたになるほどの肌に出来た傷では、治りの違いはありますもんね。。

なので、このまま内科的治療(点眼)を続けるのですが、
あまりにも治らず不快な状態が続くのはミレルのQOL的にも良くない。。
そうなると外科的治療となるそうですが、その手術は結晶沈着を剥がす手術になるそうで、聞いてるだけでも怖くなってしまいました。。

とにかく、目薬を続けます。
軟膏は難しいしミレルも軟膏は嫌がって擦るので、
タリビットの点眼薬に変更。
ヒアルロン酸のフィルタータイプから使い捨てミニタイプに変更。
エリカラはミレルのストレスと性格を考慮してやめておきましょう。
ただあまりにも掻き壊すほど掻き続ける時は一時的に使用して下さい。

シャンプーは首から下と言われましたが
「実は我慢できなくて先日首から下はシャンプーしちゃいました。外耳炎の治療で耳の毛に薬剤がベタベタで毛が縺れているので、とにかく一度耳を洗いたいんです!」とお願いしました。
そうしたら先生は、くれぐれも目に入らないように気をつけて、必ずシャンプーの前後に軟膏を入れて下さい。
次の再診は2週間後ですが、その前に少しでも何か変化があったらすぐに連絡を下さい。

とのことでした。
外耳炎が治ったので随分耳を掻かなくはなったけど、キアリ奇形・脊髄空洞症の神経症状で掻く(スクラッチング)ので、本当はエリカラ着けっぱなし生活がいいんだろうけどね。。
前回の検査から2週間の間には新たな傷は出来ていなかったので、掻き掻きは何とか防御出来てるのかな。。
でもいくら見てても傷作るのって一瞬だもんね。24時間監視できないし、困ったな。。。

それも困るし、もうね、耳の裏側の毛がベタベタでフェルト状態の巨大毛玉で、たぶん切るしかないと思う。
無念。。。






Category: 病院

通院記録 2017/11/5 眼と耳

10/26 に眼科専門医に診て頂いたあと、
せっせとヒアルロン酸とタリビッド軟膏を頑張っていました。

頑張って、、、

うーん、、、、。

軟膏がうまく入れられない。。。。


ミレルは精神的に弱いというか、メンタル弱いというか、抗うつ剤を飲んでるくらいなので普通の子以上にデリケートなのです。
眼が痛くて開けられないことと、目薬が嫌嫌でストレスになっていて、掻こうとすれば「ダメ」と言われるしで、
うつ状態のような感じ。

順調だったご飯タイムのフードアグレッションも復活してしまう事も。
イライラや鬱々で完全に脳内のセロトニンが足りていない。
だから当然、目薬嫌だから点そうとすると咬もうとする。
点した後も目を擦ってしまう事も。

参った。。。


エリカラも試してみたけど、エリカラしてる間中「う~~~~~。。」と小さく唸り続けている。
触ろうものならガブっとしそうな勢いで「俺に触るんじゃねぇ!」状態。
これでは生活にもならないので、エリカラは却下に。


とにかく、気分転換になるようなおもちゃやおやつは食べ放題。
お散歩で楽しんでくれればいいけど、元々お散歩嫌いだし(;^ω^)


ご飯はフードアグレッション対策にこんな感じに与えています。


上下向き逆になっちゃったのでもう1つ↓


転がる玩具の中に小粒のフードを入れて遊びながら食べさせようという作戦。
なかなか出てこないとイライラしちゃうかと思ったら意外にも諦めてしまう時があるので、手伝ってあげないとダメだけど、けっこう一人で上手に食べてくれます。粉状のサプリとか入れられないので毎食この方式は無理なのでお昼ご飯だけでも、これならアグレッション起こさず食べれていい感じです。


前置きが長くなりました。
そんなこんなでちゃんとケア出来てるのかも微妙な状態ですし、
ミレルの右眼はどんどん白く濁ってきて目が開かない状態。
おそらく、やっぱり目がおかしい!と、26日に専門医に行った頃から憎悪が始まっていて、
今はおそらく良くなるどころか悪くなっている感じだと思う。

完璧に点眼できて、その後擦る事もなく安静にできていれば、ここまで悪くならずにせめて現状維持くらいだったのかもしれないけど、そうもいかずどんどん悪くなってしまって。。

それにシャンプーも禁止令が出ていて、耳のケアがずっと出来ていないのも問題で、
トリミングではお耳そうじもお願いしてるけど、コットンで拭き取る程度。
いつもはお風呂に入った時にイヤーローションでじゃぶじゃぶ洗ってるんだけど、シャンプーの時じゃないと耳そうじはやらせてくれないし、出来たとしても耳を擦るので目に傷がつく。。
耳もけっこう臭ってきちゃったので、

11/5本日、地元の病院へ
眼科専門医での診察の報告をしたら、専門医から地元の病院へきちんと申し送りがされていました。さすがー!
地元の先生も、ベルベゾロン点眼薬を処方した事を申し訳なさそうにしてらっしゃいました。。
ただ10/21の段階では傷の大きさよりも白めの充血がひどく、炎症を抑えるという診断になったのだと思う。
でも傷に対してはステロイドはNG。
なので専門医から出された処方を続けて下さい。となりましががっ!

「先生~。。軟膏が上手く出来ません。。」と相談しました。
ミレルが咬んでくる事や、失敗して顔にベタっと付けてしまったりすると擦って取ろうとするので、逆効果。
なのでタリビッドと同じ成分の点眼薬を出してもらいました。(タリフロン)

本来なら軟膏は抗菌目的の他に保湿して保護する目的があるので、軟膏のが良いのですが、
しつこいようですが、手早くパパっと目薬しないとミレルは咬むので(;^ω^)普通の目薬のがちゃんとケアできます。
ヒアルロン酸もフィルタータイプは落ちるまでに時間かかかるので、いつもの使い切りミニタイプに変更してもらい、出来るだけ回数は多く点すことにしました。週末は専門医へ再診です。

耳は
汚れというより、臭いがきつい、、。
細菌性の外耳炎になっていました。

いつもなら10日おきくらいにお風呂入ってお耳もしっかり洗っていましたが、
さすがに1ヶ月近くケア出来ていないので外耳炎にしてしまって。。(T_T)
しかも、家で点耳薬なんて、目薬だってままならないのに出来る訳なく、耳のケアは通院になってしまいました。
毎日が無理なら1日おきでもいいのでしばらく通います。とほほ。。
病院は嫌々だけど先生上手だから私が家で無理やりやるより、頑張って通院した方がいいもんね。
頑張りましょう!


もうね、お耳はお目目の二次災害で、ほんと参っちゃうけど、これでシャンプー出来てないから皮膚までカイカイになっちゃったりしたらどうしましょう。。。
とにかく、眼を少しでも直して、外耳炎も直して、早くシャンプーもしたい!
ミレルもお風呂大好きだから自分からお風呂入ってきたりしちゃって切ないです。。


ちなみに我が家、只今キャンディが風邪ひいてダウン。
私も体調イマイチだけど倒れる訳にいかん!気合いで乗り切る!
頑張らなくっちゃ!








Category: 病院

通院記録 2017/10/26 動物眼科

10/20からショボついていた目。21日に地元の病院を受診。
ベルベゾロン点眼薬とヒアレインミニで治療を続けていました。

どうやら目薬を点すとしみるのか?
目が開かなくて何とも情けないお顔になってしまって。
傷が良くなればパッチリおめめに戻ると思っていたのですが、あまり良くならない。
赤みも治らない。それに傷は白いぽっちの中にあるんだけど、傷の部分の白が濃くなってきました。

10/26 
心配性の飼い主、すぐに病院へ行きたくなる。
地元の病院を再診しようかと思いましたが、ダメ元で磯子区の眼科専門医に電話をしてみた。
地元の先生が詳しい検査をしたいなら紹介してくれると言っていた病院です。
運良く (いや。。無理くりお願いしました。。)
「では午前中の診察にいらして下さい」と言って頂けて、車に飛び乗り出発!

無事到着。
まずは受付、問診表に記入。
診察室に呼ばれ入ると、更に詳しく問診。
保護された時の状態から既往歴、持病、服用中のお薬。丁寧に聞いて下さって安心して診て頂けると思いました。
常同行動と攻撃行動をフルオキセチンで治療中であること。
キアリ奇形・脊髄空洞症でスクラッチングするので、目へのダメージがあること。
ちなみに担当して下さった先生がミレルの通院している大学病院ご出身だったようで、大学病院の先生のお名前を言えば「ハイ!」と言った感じで分かって下さり、話がしやすかったです。

そして、今回眼の受診に至る症状についてと、過去の目の治療についても詳しく聞かれました。

続いて先生より今日行う検査についての説明。一通りの眼の検査を行う。検査中は飼い主は待合室で待つスタイルです。

先生から「ストレスがかかると咬むことはあるか?」聞かれました。
診察で獣医さんや看護師さん、またトリマーさんなどを咬んでしまったことはありませんが、もし興奮してしまったら口輪を使って下さいと伝えました。
先生は「口輪がかえってストレスになると、家に帰ってから爆発しちゃうといけないので、声かけしながら様子をみながら検査しますので大丈夫ですよ」と言って頂けました。
かなり感動しました。ミレルの精神的な病気について、理解して下さる先生はあまりいません。
ミレルは診察のその場で暴れるなど感情を出す時もありますが、嫌な事があった日は家に帰ってからブラックミレルになるのです。
そういう心理を理解して配慮して下さる先生に感動しました!

預ける時はヒンヒン泣いてしまったミレルですが、
「とってもお利口に検査出来ました!」と戻ってきました。

涙液量検査
眼圧検査
スリットランプ検査
細胞診
角膜染色検査
が行われました。

結果は先生が紙に書きながら丁寧に説明してくれました。
img001.jpg
◆まず、両眼 涙量・眼圧は正常でした。
ではドライアイではない!と思うけど、ドライアイには2つタイプがあって
1つは涙の量が少ないタイプ
2つめは涙量は正常でも涙が目に留まらないタイプ

◆細胞診では細菌はいませんでした。

◆スリットランプ検査で撮影した画像を見ながら、ミレルの眼の状態を説明して下さいました。
ミレルの両眼の表面は「点状表層角膜症」という症状で
ドライアイだとこの点状表層角膜症になりやすいそうなのです。
なので、ミレルは涙は十分出ていても表面に留まらないタイプなのかもしれない。との事でした。

点状表層角膜症とは、皮膚でいうと「肌荒れ」の状態。
眼の表面がガサガサしていて荒れている状態だそうです。
キャバリアなど目の大きい犬種は多いそうです。

◆右眼の白い部分は「角膜結晶沈着」で角膜に結晶が沈着している状態。
結晶は脂質やカルシウムで、原因は
●代謝異常<高脂血症、高カルシウム血症>➡4月の血液検査の結果を診て頂き異常値はなかった。
●遺伝性<角膜ジストロフィー> ➡キャバリアに多い遺伝だが2~5歳に両眼に出る。なので今後、左眼にも出た場合は遺伝性を言えるでしょうが現時点では断言出来ない
●慢性的な刺激 乾燥 ➡これは外的な刺激が慢性的にあると出来るという意味。ミレルのスクラッチングやマズルを擦る動作は慢性的な刺激になるかも。。
●ステロイドの長期使用 ➡ベルベゾロンにはステロイドが入っていますが長期に使ったことはなく、白いぽっちの出来る前は使用していないのでこれが原因ではないと思う
●眼内炎症 ➡検査で炎症はみられなかった
原因は色々考えられるが、どれが原因かは分からないとの事でした。

◆そして右眼の傷はやはり地元の先生の診立て通り、結晶が沈着している白い部分にあり、充血がありました。
分かりやすく言うと、ガサガサに荒れた肌(点状表層角膜症)に瘡蓋が出来て硬くなり、その部分が剥がれて傷になっている状態だそうで、
「角膜潰瘍」と言うそうです。角膜潰瘍はとても治りにくく、長期戦になるそうです。
一番気をつけなくてはいけないのが細菌感染です。点状表層角膜症で角膜腫瘍があるところに細菌が入ってしまうと、健康な眼よりもずっと早く、あっという間に悪くなってしまう。酷くなると眼に穴が開いたり最悪の場合失明してしまうそうです。
ミレルはまだそこまで酷くありませんが、地元の先生が処方してくれたベルベゾロンも良い薬でしたが、現在のミレルの炎症ではステロイドは必要ないそうでした。

◆そこで治療は「とにかく保湿!」それと細菌感染から守るため「抗生剤」
保湿➡ヒアルロン酸ナトリウムPF点眼薬0.1% 両眼一日3~4回
抗生剤➡タリビット眼軟膏0.3% 両眼一日2回

長期に渡って使う事になるので眼に負担のない防腐剤なしを使う。
ヒアルロン酸は今もミレルが使っている使いきりタイプか、今回処方されたタイプと選べました。
フィルターを通して出すので普通の目薬より少し力を入れて押すのと、出るまでに時間がかかるので少し点しにくいそうですが、ミレルは問題なく使えました。常温保存できるので冷たいのが苦手なミレルにはいいかも。
タリビット軟膏は初めて使うので難しそうだけど、徐々に慣れると思います。(飼い主も)
軟膏を眼に入れるのって難しい(;^ω^)

ミレルの目の違和感は点眼後の方があるようでこんな有様。。。(T_T)
0104a57a70237eae73c16df4a75ec687148e6404e4.jpg
こんなお顔を毎日見続けるなんて飼い主の方が心折れそうだけど、頑張って点眼します。

どうやら、眼の周りの毛にお薬が付いてベタベタしてるのが嫌みたいなので、拭いてあげたら少し目が開きました。
でもやっぱり目が気になるみたいで掻いてしまいます(T_T)あまり酷く掻く場合はエリカラもありですが、ミレルの精神を考えてとりあえず様子をみましょうとのこと。2週間後に再診です。
ミレちゃん!頑張ろうね!

いや~、急に眼科専門に行こうと思い至った訳ですが、
予約はいっぱいで他の日に。。と言われたんだけど、
今月の仕事のシフトが鬼で"(-""-)"都合のよい日が今日しかなくて、
次に行ける日は二週間後になっちゃう><!って我儘を言いましたら、
「今日お越しください!」と言ってくれた病院に感謝です。
やっぱり専門医に診て頂いて良かったです。ただの傷だと思っていましたが、角膜腫瘍だったのでお薬も変わったし。
地元の先生には言いにくいけどミレルの為に今回の診断をお伝えしようと思います。






Category: 病院

通院記録 2017/10/21 お目目

10/20くらいからミレルの右目がしょぼしょぼしていてパッチリ開かない感じだった。
ヒアレインをいつもより意識して回数多く点してみたが、
10/21もしょぼしょぼし、充血しているようにも見えるので病院へ。

体重 8.1㎏
傷の検査 
右・白いポッチが出来ているところに傷がある。白目が真っ赤。
左・少し傷がある。細かい傷もある。

緑内障だと目が真っ赤になるので、眼圧検査もしました。
右15  左19 正常値で良かった。 (20以上で要注意)

という事で、前回(7/31)同様にベルベゾロンを一日4~6回点眼。
5分後にヒアレイン。となりました。

普段からヒアレインは点していますが、どうしてもスクラッチングで掻いてしまうので爪が目に入ってしまったり、マズルを床に擦るので目も擦ってしまっているのだと思います。
先生はヒアレインをしていれば保護されるはずと仰いますが、それ以上にスクラッチングが激しいのかなぁ。。

ミレルは夜、眠くなってくるとキアリ奇形・脊髄空洞症による神経症状でスクラッチングが止まらなくなってしまうことが多いのです。
発作のように始まって耳や顔、首のあたりを後ろ足で掻き掻き。夜グズって寝ない子供のよう。
「寝室に行きたい」と言うのでドアを開けるとベッドに飛び乗って掘り掘り、マズルを擦り付ける、掘る掘る、掻く掻く。
これが毎晩で痛みが出るようになったらガバペンかリリカを始める時期かなと思っています。
ミレルは2014年にMRI検査をして一時期リリカを試してみていますが、その時は常同行動を伴っていたので効き目に関しては明確には分かっていません。

2015年からフルオキセチンで精神的な病気(常同行動と攻撃行動)を治療し始め、効果を得ています。
行動治療が上手くいったことで、浮き上がってくる神経の症状。
それが夜のスクラッチングだと思っていますが、

神経の症状(感覚の異常)でイライラする➡精神的な症状が出る➡スクラッチング
という構図もあるのかな?とも思えるので、
今、朝飲ませてるフルオキセチンを夜に変えてみようかと考えています。
フルオキセチンは半減期が長く(行動科の先生から48時間と聞いています)なので、1日1回飲んでいれば血中濃度が下がる前に投薬する事になるので、朝飲ませようが夜飲ませようが変わりないのでは?って感じなんですけど、
逆に血中濃度がピークになっていく時を夜にもってくれば、効果を最大限利用できるのでは?と素人考えですけど。
ミレルの夕飯は午後8時、そこから夜グズが始まる12時前後はピークに向かってる時間帯。
ま、ダメ元で試してみます。
神経の感覚異常は治らなくても、イライラして機嫌が悪いってのは解消されるかもしれないし。
後は、スクラッチング止まらなくなったらエリカラするかな。って感じでしょうか。
うーん。余計にイライラしそう(;'∀')







Category: 病院