通院記録 2014/11/15

先週土曜日、千葉のかかりつけ医にお薬を買いに行ってきました。
今回はいつものリリカではありません。
記録の為にも、セカンドオピニオンで出た診断を、書く事を少し躊躇っていましたが、書こうと思います。

土曜日、病院へ行くとセカンドの先生からかかりつけの先生宛にFAXが届いていてコピーを頂いてきました。
セカンドで私達が受けた説明、ミレルが受けた診断は、前のブログで「半分見解が違った」と書きました。
正確には「正解は1つではなかった」という事です。

確かにキアリ奇形で脊髄空洞症なのですが、セカンドの先生はミレルの状態は初期。極めて軽度という事なのです。
ファーストでは中度のキアリ奇形・初期の脊髄空洞症と診断されリリカかガバペンで対処療法。
もし、外科的治療をするなら早めがいいよ。と言われた訳です。
ここですでに見解が少し違うのですが、セカンドの先生の臨床経験では軽度キアリ、空洞症はほとんどなし(全くない訳ではない)だそうです。
私達にもMRI画像を見ながらきちんと説明がありました。
キアリ奇形の説明も、ミレルの空洞症の箇所もです。空洞症は中心に近い部分に本当に少しあるが、まだ竹輪ではなく魚肉ソーセージくらい詰まっていると。感覚異常がでるほど広がっておらず、偏りもなし。

そして、ミレルの神経症状と思われる動画も観て頂きましたが、軽度で出る症状ではない。とおっしゃるのです。
耳を気にする、後頭部を掻く、前の手を舐める時もありますが、このような部位はキアリ奇形でも出る症状ではあります。しかし、後ろ足を噛む、背中をウネウネするなど体全体を気にする。これは腰に空洞症がある場合に出る症状。
ミレルは腰には空洞症はありません。ミレルの空洞症の位置で後ろ足の感覚異常は出ないそうです。
また、先生が動画を観て受けた印象が神経症状によるものと少し違うと感じると。

では、いったい何なの?
それを探るため時間をかけて診察して下さいました。

身体検査: 皮膚・耳も異常なし
神経学的検査: 異常なし
血液検査: 低カルシウム血症でも神経症状に似た痙攣などが起こるそうなのですが、ミレルは異常なしでした。
痙攣発作の前兆: 痙攣の前兆に感覚の異常があるが、痙攣に繋がった事が無いため、これも可能性はない。
髄膜炎: MRI検査時に脳脊髄液検査をしていなのので確定診断できないが、経過を見た限りでは可能性は低い。
精神の要因: 精神的な要因で感覚異常が起きていないか。まさに先生の診断はこれです。

「保護当時よりフードアグレッシブ、神経質な性格は認められていたが、診察室でもささやかな事に非常に敏感であり、顔面を触られる事を非常に嫌がっていた。
保護団体から引き取られた事やMRIでは現症状に直接的な関連性が高い異常箇所が認められない事より、精神的な要因が関与されている可能性がある。行動科への受診をお勧めします。」

人間でいうと精神科が動物だと行動科になるそうです。行動科への受診はミレルにとってサードオピニオンになります。
行動科の先生はファーストを受けた大学病院にいらっしゃるそうなのでサード受けるなら紹介してくれるそうです。サードの前に髄膜炎の可能性を消しておく方が良いとの事で、サードの時に神経科での脳脊髄液検査も一緒にした方が良いと言われました。また麻酔をかける事になるのでミレルの負担も考え、来年行こうと思っています。
また、外科手術に関してはミレルは精神による症状の可能性があるので、するべきではないとのお話でした。
ミレルに出ている症状はキアリ・空洞症の他に精神が要因で出る症状もあり、色々な原因が合わさって出てる物ではないか?との見解です。

では、今後の治療はどうするか?
サードを受けるまで何もしないか?それとも試験的治療をしてみるか?となり、お薬を試してみる事になったのです。
どんな薬かというと、抗鬱薬です。
アミトリプチリンという薬品名で、お薬の名前はトリプタノール。

今飲んでるリリカは急に止めると反動が大きいので徐々に減らしていきます。
トリプタノールもごく少量から始めていきます。
効果はすぐに出なく、ある程度続けないと効果が分からないそうです。

抗鬱剤と聞いて、ちょっとショックだったのが正直なところですが、
そんな薬飲ませて大丈夫なの?という不安に対しては副作用・注意点などについてもきちんと説明もあり、
「大丈夫ですよ」と言って頂けたので、始めてみる事にしました。
かかりつけの先生たちも今回の診断を受け入れて下さってお薬の処方や用法用量を指示して下さっています。

でも。。。
精神病だったとしたらミレルの生い立ち・過去・トラウマ。考えると可哀想で。。。
ちょっとナーバスになってました。
お薬が効けば精神の病って事なんですもんね。

でも心因性の痛みについて教えて下さったオーナーさまもいて、
正解は1つではないって事も教えてもらって、
何よりお薬が効けばミレルが楽になるんだから!

前向きに頑張ってみようと思っています^^
飲ませ始めて4日でまだ何も変化なしですがね。変化があったら逆に怖いし!
少しお水飲む量が増えたかな~?ぐらいです。

今日はまた寝る前軽いグズりあり。
耳もぐもぐ~><カイカイも多い感じ。耳毛に大きい毛玉が~~~><!!!
私に対してもフードアグレッションもあり。(昼ご飯忘れたからか?)


覚書:
トリプタノール10㎎ 1/4朝晩 1週間後電話で報告する事。
リリカ25%減量 2週間分 (分封にしてもらった)

2週間後再診。






関連記事
Category: 病院

コメント

No title

悩ましいね…
ミレちゃんの負担を考えると闇雲に進められないしね。
トラウマは少なくともあるよね、繊細だもん。
しぃちゃんは入院が長引いたとき鬱状態になったよ。
いつもの入院室じゃなくてICUに入った時。
大好きな病院で入院に慣れっこなのに 
ICUに入ったままだと精神的に参っちゃったよ。
それに比べたら…
ミレちゃんはきっと計り知れない思いをしてきたんだもんね。

1日でも早く明るい糸口が見つかるといいね。

2014/11/20 (Thu) 17:37 | Citrine★ #- | URL | 編集
No title

「書くことを少し躊躇った」って、あったから
重篤な何かが見つかったのかと思ってドキドキしちゃった><;

うーんと、文章が下手だからここでは上手く伝えられないけど
いわゆる❛精神病❜という結果が出ても大丈夫だから。

❛精神病❜って、なんか嫌な異常な病気って考えちゃうけど
素直に率直に「今ちょっとつらいよ~」って伝えてるだけなんだと思うの。
誰だって、楽しいとか嬉しいとか悲しいとか辛いとかあるでしょ?
で、その感情を誰しも大なり小なり出すよね?
ミレちゃんは今、ちょっと辛い部分が大きく出てるだけで
それが今現在の素直な普通のミレちゃんなだけで
決して❛おかしい❜わけじゃないから大丈夫!

色々心配になったり辛くなったりするかもだけど
チェリーちゃん達も、素直に辛い時は辛い・しんどい時はしんどいって
無理なくやっていってね^-^

2014/11/20 (Thu) 20:48 | ピーポポ #- | URL | 編集
No title

あの。。。世間では抗鬱剤と呼ばれているお薬飲んでるヴィクトリアですが^_^;←ま、この性格なんで鬱ではないんですが、違う作用を期待して常用しておりますの(笑)

あんまりね 気にしすぎはだめよ!
前にも言ったけど 犬は過去のこと考えて行動してないんだから!体験したことがどこかに記憶に残ってるとしても、そのこと考えてクヨクヨしたりはしないはず

ミレルくんのためになることはがんばってなんでもする!っていってたチェリーちゃんだもの 大丈夫とは思うけど、飼い主の落ち込みとかは絶対に犬に感染するからね

一番ミレルくんが言いたいのは「ぼくのお昼ごはんは忘れちゃダメなのでつ!」だな(笑)

2014/11/21 (Fri) 17:17 | ヴィクトリア #8gfOIHpU | URL | 編集
コメントありがとうございます

☆Citrine★さま
ちょっと考えちゃって悩ましかったです。
でも、ワンコは人間と違って、とても健やかな精神を持ってるので、ゆっくりがんばろうと思います。
しぃちゃんも辛いICU頑張ったんだね。
しぃちゃんが鬱になるなんて。。
でも何度も復活してきたしぃちゃんを見習ってミレルもお薬頑張るよ!どうもありがとう!





☆ピーポポさま
ありがとう。
大丈夫って先生も言ってくれたし、良い方向へ向かってると思って頑張るよ。
ミレのいた環境は過酷だったけど、防衛の為に自然に体が覚えてしまった事が出てるだけだもんね。
ミレにとっては自然な事なんだよね。
いつも助けてくれてありがとう!




☆ヴィクトリアさま
まぁ!ヴィクちゃんも服用中なのね。
調べてみると疼痛治療やPMSの治療にも使われたりもしてるんだね。

犬は過去の事を思い出してクヨクヨしたりしないって、他の人にも言われた~。
体が覚えていて防衛するために学習しちゃってる事もあるだろうけど、今ミレルが幸せを感じてくれてるなら大丈夫なんだと思う。

だから私も暗い顔見せないようにしなくっちゃね!
何よりお昼ご飯忘れちゃダメね(^_^;)

2014/11/22 (Sat) 10:20 | ♪チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する