病院納め 2014/12/26

12/26

先生は様子だけ電話くれればいいですよ。とおっしゃっていましたが、一応、診察して頂きました。
今年のお礼も言いたかったので。。


さすが年末!混んでました(^_^;)
どうしても病院へ来ると興奮ぎみになり、
他のワンちゃんと挨拶したくてキュンキュン言うので、
一番端っこの椅子でお水を飲ませて落ち着かせる。。



お隣の席の他の飼い主さんに話しかけられると「う~う~ぅ~」と変な声を出してまた落ち着かなくなる(^_^;)
でも少しづつ、大暴れの介ではなくなってきてます!
「ミレ!お座りしていい子してね!」
DSCN0798.jpg


呼ばれました!
今日も体重測定ちゃんと出来ました^^♪
6.35㎏ 前回と同じ
一通り、診察して頂いて全部OK

今週でリリカを終了し、トリプタノールのみになります。
2週間おきに診察でしたが、この先は月に1度、もしくはお薬買う時や、他の診察のついででいいそうです。
このままトリプタノールをしばらく続けてみる事になります。
お薬で具合悪くなる事もなく、症状の悪化もないので心配はないようです。

先生は症状は「生活に支障のない程度なら良い」とおっしゃいます。
私達もそう思っています。
トリプタノールに変えてから、ちょっとした変化はありますが、それがお薬のせいかのかは分かりません(;^ω^)
ミレルは足上げちっこするようになりました!お散歩中もマーキングらしき行動をするように!
それと何となく私達にも甘えるようになったり、キャンディの出勤時に「行かないで!」的な行動をするようになったり。。何かちゃんと犬らしくなってきたような。。。
もし、ミレルの症状が精神的な事からきているとしたら、お薬によって改善されて、犬の感情・行動の成長があるのでしょうか?
これはやっぱり行動学専門の先生でないと分からなそうなお話なのですが、飼い主だけにしか分からないちょっとした変化なのです。
夜のぐすりは減って(先日の爆弾低気圧の時はあった)ちゃんと夜寝てますし、後ろ足を噛み続ける事はなくなりました。たぶんこれはトリプタノールの効果なのではないかと思います。


頸部・耳のスクラッチングはあります。やっぱりスクラッチングにはリリカの方が効果があるように感じます。
セカンドの先生が診断したように、キアリ・空洞症の症状は頸部や耳、手の先などに神経症状が出るので、そこにはリリカが効くのだと思います。

でもミレルの場合の後ろ足を噛んだり、体全体がムズムズするような行動は精神が要因との診断ですからトリプタノールが効くのではと思います。

だんだん症状の出どころがハッキリ見えてきたように感じています。
ミレルの場合どちらのお薬を選ぶのが良いか?しばらくお薬を続けてみないと分かりません。
今、先生の言う「生活に支障のない程度」ではあると思います。

あまり神経質になる事なく、様子観察しようと思います。
それと定期的に血液検査もしようと思います。お薬の副作用はあまりないようですが、続けるお薬なので肝臓が心配なので。。

先生に今年のお礼を言って、病院納めとなりました。
DSCN0801.jpg
「はぁ~。。。やっと終わったぜ。。。はぁ~


受付・会計のスタッフさんにもちゃんとお礼が言えました。
実は、ピンパが最後にお世話になったスタッフさんだったのです。
ピンパがここの病院では詳しい検査が出来ないから川崎の高度医療センターへ今すぐ言って下さい!ってなってしまって。。。当時、ナビもない私達に地図を印刷して下さったスタッフさんだったんです。
ピンパが本当に死ぬか生きるかの時で私達もかなり冷静ではいられない状態で、そんな時に無事に川崎へ行けるようにと、ルート検索して印刷してくれたのでした。
今となっては、川崎まで運転した記憶がすっぽ抜けてないのですが、ただただ必死だったのは覚えています。
そしてその後、この病院へ来ることはないだろうと思っていました。

でも、ミレルとまた来るようになって、あの時のお礼を言わなくちゃ、言わなくちゃ。。とずっと思ってたので、今日御礼が言えてほっとしました。。
また来年もよろしくお願います。




関連記事
Category: 病院

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する