サードオピニオン・その2 2015/3/18

お椅子に座って呼ばれるのを待っているとアナウンスではなく先生が直接迎えに来てくれました。
ご挨拶して下さり、何と物腰の柔らかい先生なんでしょう~!ミレルも女性の先生なので怖がりませんでしたよ。
他に同席する先生がいる事を説明してくれました。

そし診察室でなく、お部屋に通されました。お部屋には椅子が輪に並べてありました。
担当の先生の他には、行動科でトレーナーの先生でもある女性の先生と、研修医の先生と実習生の方がいました。
ミレルをビックリさせないように座ったままで失礼しますと。

私達は真ん中の椅子に座り、ミレはフリーでよいと。
まずは自己紹介から始まり、今回の受診で相談したい事は何か?明確にしました。
持って行った質問書や資料・動画などは事前にみて先生方はだいたい分かったと仰っていましたが、
更に問診。かなりの時間たぶん1時間くらいは聞いてくれたんじゃないかしら?

中盤で先生から診断結果を言われました。
「常同障害」
これがミレルの病名です。
どんな病気かは、先生から頂いたお手紙から抜粋しますね↓

常同障害という病気は、暇なときや葛藤の気持ちがあるときなど何をしていいかわからないときに、決まった行動を繰り返しおこなってしまう病気です。
人間の強迫性障害と似通ったところがあるといわれています。
常同障害は脳内ホルモンのバランスが崩れることでおきるといわれていますが、その中でもセロトニンが不足することが大きな要因となっています。
セロトニンは興奮や感情にブレーキをかける働きがありますので、脳内に十分にあれば寝る前にちょっと掻いたりするだけで終わるところが、ミレルちゃんはセロトニンが不足しているために耳の毛をかじったり、背中をこすり続けてしまっています。
セロトニンは、生れつきつきか、もしくは何らかの大きなストレスや慢性的なストレスが続くことで不足してしまいます。
ミレルちゃんの場合は、○○様のおうちに来る前の環境が大きく影響していると考えられます。


人間でいう強迫性障害は2%くらいいるそうで、この障害は軽度だけど遺伝が認められているそうです。
ワンちゃんでも同じ確率くらい、いると考えられているそうです。
残念ですがミレルはその因子を持って生まれてきたという事なのです。
その上、うちに来る前の劣悪な環境が大きく影響しています。
ですから、病気になったのは飼い主さんのせいではないのですよ。と先生に言われた時、涙が出そうになりました。。。

続いて処方されるお薬について説明がありました。
今、すでに飲んでいる抗うつ剤、アミトリプチリンである程度の効果が見えていることから、更に効果が期待できる
「フルオキセチン(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」
を、処方されました。

先生からのお手紙から抜粋します↓
フルオキセチンはセロトニンという落ち着くために必要なホルモンを補うように働きます。
現在投薬中のアミトリプチリン(三環系抗うつ剤)は同じような働きがありますが、フルオキセチンはアミトリプチリンよりも新しいお薬で副作用が少なく、常同障害および攻撃行動への効果も高いと言われています

お薬について副作用や、飲み合わせの悪いお薬など詳しい説明をして頂きました。
また長期的に投薬する事になるので、将来ミレルが腎・肝臓、また心臓の疾患がみられるようになったら相談しましょうとの事でした。

続いて行動修正についての説明。
ミレルが耳を搔いたりかじったり、夜ぐずったり、床を舐め続ける時の対応の仕方を教わりました。
そういう時は行動を中止するような音を出す(口笛や軽く手を叩くなど)飼い主から発する音が良いそうです。
ミレルが抱いてる葛藤の気持ちから切り替えてあげる事で気持ちにブレーキがかかるようになるそうです。


フードアグレッションについては
最終的に、ミレルの食事をどのように与えたいですか?と聞かれ
「お皿で与えたいです」と答えました。目標の設定です。

修正方法は色々あるので、先生方がいくつかの方法を提案し、私達が実践できそうな方法を話し合いで決めました。
まずはお皿を守ってしまうので、すぐに下げられるように取ってのついたフライパンのような物で少しづつ与える!
今は食べてる途中から唸り始め吠えて、ひどい時は噛んでしまう事もありますが、そうなってしまったらミレルの目をみないように動かずフリーズする!目を合わせるともっと興奮してしまうので決して目を合わせず、落ち着くまで待ちます。
落ち着いたらまたフードを追加して与えていきます。

ここまでの診察でたぶん2時間以上経ってたと思います。
ミレルはお水を頂いたり、クレートで昼寝したりしてたけど、だんだん飽きてきてしまって(-_-;)
そうしたらそれを察して先生がトレーニングの方法を実践してくれたりしました!
普段の生活で気を付ける事を細かく教えて下さって、ミレルの事もかわいいと褒めてくれました^^
ミレルと同じ病気の子は頭の良い子が多いそうです。飼い主の行動を先読みしたり、自分に有利になるように演技したりする子もいると\(◎o◎)/!
ミレルがもし人間だったら東大に入れるレベルだそうです!
ミレルは学習能力が高いので普段からトレーニングやトリックを教えるなどが有効だそうです。
「いつでも、どこでも、どんなときでも、楽しく」練習することで、日常の中でミレルが葛藤の気持ちになったときでも家族のコマンドを聞くことで楽しい気持ちに切り替えられるようになってくるそうです。

まだ、書ききれないくらい色々な事を教わったのですが、帰る頃には私達は笑顔になっていました。
実は、サードオピニオンの前日ミレルに噛まれてしまい落ち込んでいたチェリーです。。。
DSCN1957.jpg
かわいいかわいいミレルが辛いなら噛んでもいいよと思ってました。
でもやっぱり痛いし悲しかった。血が出ると生地を触れないのでミシンも出来ないし。
大学病院なんてやっぱり緊張するし、ナーバスになっていました。

でもミレの問題行動は私達のせいじゃなく、治療が出来ると分かりました。
今まで「これでいいのか?」と不安な気持ちでミレルに接してきた事も、
これからは「これでいいんだ」と自信を持って行動できるので、ミレルにとっても良い影響があると思います。
お薬の効果が出るのも、ミレルの行動修正も時間はかかってしまいます。
なかなか思うようにいかなかったり、アップダウンもあるかもしれません。
それも覚悟のうち!と思えるくらい私達の心はポジティブに変わっていました。

今後はメールで経過報告はもちろん相談したい時はいつでも先生に聞いてもらえます。
とっても心強いです!
良い先生に出会えた事に感謝の気持ちでいっぱいです!
頑張ります!


こんな感じのたぶん3時間くらいだったかな?
診察して下さった先生方ありがとうございましたm(__)m
本当にサードオピニオン受けて良かったです。
ミレルの病名と、今後の治療法が明確になった事で、先が見える気がします。
また、この度の行動科受診を勧めてくれたセカンドの先生にも感謝します。

もし、予定度入り最初にセカンドに希望した病院の先生に診てもらってたらどうなっていたんだろう?ステロイド使ってみてもいいかも?なんてとんでもなく間違った考えも持ってた私達。。
考えるとちょっと怖いです(^_^;)
ミレルは運が良いというか本当に周りの皆さまに助けられているなと実感しています感謝。












関連記事
Category: 病院

コメント

ああ、良かった。
精神障害という診断は、つらいものでもあると思うけど、お二人が前向きな気持ちになれたことが一番良かったと思います。
ミレちゃんは、小さいわんこにあわせて遊んであげたりできる頭も良くて優しい子だもん!
ミレちゃん自身でもどうにもできない行動が今はあるんだね。
お薬と、トレーニングとで、少しずつ良くなっていけるといいですね。
だって、お散歩はすごく上手に出きるようになってきてるじゃない?
だから私は、信じてます!
それにしても、凄くいい先生たちですね~お薬合うといいな。
また、こまと遊もんでね!
花粉が落ちついたら(^^;

2015/03/21 (Sat) 00:13 | ローズマリー #- | URL | 編集

ミレちゃんの色々な行動が何故起きるか?きちんと説明して頂けてチェリーさんも今後どのような生活面などの細かいご指導や対処法などが伺えた事は新しいお薬が良さそうな事も朗報ですがチェリーさんの気持ちが快復改善に向けてポジティブになれた事がミレちゃんにとって一番のお薬というか希望になった事間違いないと思いますよ("⌒∇⌒")
ミレちゃんを可愛く愛しく思ってお世話しているのは本当によくわかりますがそれでも噛まれてしまった時にただ傷の痛みだけでなくチェリーさんの心ももっと痛がっていたものと思います(;>_<;)
間違ってるのかしら?自分がいけないから伝わらないのかしら?等と色々悩まれて落ち込んだりもしたのでしょうね(>_<)
セカンドの先生の件もそこから又疑問が生まれてサードの先生に診ていただけた事も運が良かったと言えばそうですがそれは一重にチェリーさんが日頃から正直に生きてらっしゃるからに他ならないと思いますよ(。^。^。)
いつもルマちゃんと「私たち運がいいわよね‼」と言ってるのですが他人を欺いたりせずに徳をつんで正直に生きてるから神様はちゃんと見ているから運がつくし困った時も道を与えて下さると(*´∇`*)
ミレちゃんはチェリーさんちを選んできてくれていてそれはこのおうちならきっと幸せになれるからって思ったからですから( 〃▽〃)
そんなチェリーさんやミレちゃんとお友達で私もタロタンも幸せです(〃^ー^〃)

2015/03/21 (Sat) 04:29 | タロタンママ #1ysID9Ow | URL | 編集
No title

ミレちゃんの小さな頭の中でいっぱい葛藤があるんだね
でも 光が見えたね!!
治療法のある障害でよかった~
きっと ミレちゃん落ち着いてくれる。
時間は掛かるだろうけど 大丈夫。

良い先生に巡り合えてよかったね^^ 

2015/03/21 (Sat) 17:06 | Citrine★ #- | URL | 編集
コメントありがとうございました

☆ローズマリーさま
私達の事まで心配してくれてどうもありがとうね。
うんうん。本当に気持ちが軽くなって良い方向へ向かっているように思います。
ミレルは今は頭の中混乱してるけど、きっとちゃんと回るようになると思います。
それを導いていくような行動を私達がこれから実践しなくっちゃね!
またトレーニングに通おうとも思ってます!こまちゃんみたくお利口さんになれるかな~?
また遊ぼうね!





☆タロタンママさま
ありがとうございます。
今までモヤモヤしていた悩みは解決して本当にスッキリしました。
仰る通り、私達が不安なままミレルに接しているより、自信を持って接する事が何よりのお薬だと思います。

ミレルも幸運の持ち主だと思います。
これからも正直でいる事が大切ですね。

タロタンずっとお友達でいて下さいね!






☆Citrine★さま
ミレルもきっと辛かったと思う。。
いっぱい遠回りしたけど、光が見えました!
治療出来るって本当あり難いです。
良い先生に出会えたのも本当に幸せだよね。
がんばるね!

2015/03/22 (Sun) 11:54 | ♪チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/23 (Mon) 20:59 | # | | 編集
鍵コメさま

ご愛犬ちゃんのMRIを撮られた大学病院がミレルの1st脳神経科と3rd行動治療科です。
2ndは埼玉の動物病院です。

空洞症についての診断結果が腑に落ちなかった。
短絡的というかシビア。。と申されるのは、先生の対応がという事でしょうか?
私が想像するにその先生は誰に対してもそういう対応かと思いますよ。
決して飼い主に媚を売ったり、気を遣った言い回しなどしないでしょう。

でも臨床経験豊かな先生です。間違った事は仰っていないと思います。
例えば、画僧診断はグレーゾーンがあったとしても見逃す事はないんじゃないかな?と思います。

ミレルの1stの診断、私は間違ってるとは思っていません。
ミレルの場合、キアリ・空洞症と常同障害の混合型。と言った方が正しいかもしれませんね。
100%常同行動ではなくスクラッチングもありますので。
別角度から調べたら新しいの見つかったという事です。
ミレルは本当に運が良かったと思っています。

疑問に思ってる事があれば獣医さんに伺ってみると宜しいかと思います。
関東にお住まいならば選択肢はたくさんあるかと思います。
ミレルと似通った事があっても全く同じとは限りませんし、こればかりは専門の先生でないと分かりません。
お役に立てず申し訳ないです。


2015/03/24 (Tue) 00:32 | ♪チェリー #- | URL | 編集
No title

良い先生に巡り合えて本当に良かったですね、
モヤモヤガ解決して、治療法があって
あとは、前に向かって進んでいくだけですね
ミレちゃんは本当に良い飼い主様に出会って
幸せワンコですね。

ミレちゃん、はると仲良くしてくださいね(^^)

2015/03/24 (Tue) 10:34 | はるかーさん #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

☆はるかーさんさま
ここまで寄り添った治療をして下さる先生に出会えた事
本当に感謝しています。

頑張るのはこれからです!
前進あるのみですね!

はるちゃんミレと仲良くしてくれてありがとう



2015/03/24 (Tue) 15:28 | ♪チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/24 (Tue) 19:01 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する