動画集:フードアグレッション対策

ミレルのフードアグレッションには長い間、悩んできました。

同じようにフードアグレッションでお悩みの方へ参考になればとの思いもあり、
動画をまとめてみました。
YouTube で限定公開だった物も公開にしてみます。
これを見た人はミレルを嫌いになっちゃうかもしれませんが。。。
でも、これも大切なミレルの成長の証だと思うので。。。恥じる事はないと。



当初は自然にいつか良くなるだろう。。と思ってたんです。。
でもそうもいかない状況になってきました。
それでトレーナーの先生や行動科の先生にこのような動画を見てもらって治療をしてきました。
ミレルの場合、生い立ちの環境が元のトラウマと、脳内のセロトニンというホルモンが不足している事が原因なので、投薬治療と共に行動治療しています。
では、動画集はじめます。



2013年の7月、オカンさんが連れてきてくれたガリガリ痩せっぽっちのミレル。
オカンさんが「食べ方が本当可哀想で。。とにかくちょっと食べさせて見て下さい」と、私に言いました。
私は用意していたフードをフードボウルに入れて食事台に、置く前にミレルはフードボウルに飛びかかっていました。
飛び散るフードにむさぼりつくミレル。
その姿は飢えた子供が久しぶりに与えられたご飯を必死に食べてる様でした。
相当飢えていたと思います。
うちに来てしばらくの間はこんな感じで必死な食べ方でした。



そのうち、秋ごろになってご飯のお皿を守ってしまい唸るようになりました。
この時初めてフードアグレッシブ、フードアグレッションという言葉を知りました。
お皿を守ってしまうので手で持って与えています。
ちょっと唸ってます。



お皿を守ってるところです。

手を出すと咬まれます。



トレーナー先生に相談して色々試してみていました。
手から与える、お皿に追加する、ご飯の終わりお皿を下げるのにおやつを使う、
複数のお皿を使ってみる、別室へ誘導してお皿を下げる、などなど色々アドバイス頂き頑張っていました。
これは2014年春ころ。

少しよくなってきていたように感じていました。。。
お座り・マテ・ヨシ!で食べる練習もずっとしていたのですが。。。



セカンドオピニオンで試すことになったお薬を始めてからフードアグレッションがまた酷くなってきました。
2015年入ったころかな。

食べ終わると襲い掛かってくるのでお皿は下げれません。
この動画の最後の方は実は咬んでます。



食べながら唸ったり吠えるので、むせてしまって誤嚥しそうで毎日冷や冷やでした。
2015年3月

流血する日もありました。
サードオピニオンで行動科を受診しよう!と決断した理由の1つはフードアグレッションの悪化。
けっこう精神的に追い詰められていました。


行動科の先生の治療は素晴らしく、ご飯の与え方を一新しました。
フライパンのような取っ手のある器で与える、
ミレルの目は見ない、
唸ったり吠えたり飛びかかってきたら、動かずフリーズして待つ。
急に動かないゆっくり動く事。
ミレルを刺激する要素を出さない事。
お薬を変えた事もあり、順調な出だしでした。
この頃の動画もありますが、長いのとあまりにも私の顔が出てるので(;^ω^)飛ばします。
器は長い取っ手付のプラスチックボウルでした。



行動科受診後、一瞬良くなった時期。
フードアグレッションは治った!と思っていました。普通のお皿で食べれたし!
が。。。
幻でした。。。
これはお薬による副作用だったのです。




だんだん悪化。

たいぶ食べ方はマイルドになってきましたが、お皿を下げる時はゆっくりと、ミレルが吠えてる時はフリーズする、目を合わさない事と指導されていました。(お皿は小さな取っ手付スープカップ)


2015夏はまた咬む事も(T_T)。。
行動科の先生に相談したり、フェンスを使ったり、色々試してきました。


ミレルは一日朝昼晩3回食事します。
一日3回365日。
いつもこんなんじゃ。。。
いつになったら普通に食べれるんだろう?
咬まれるとやっぱり落ち込みます。
ミレちゃんだって嫌でしょう。
楽しいはずの食事タイムが。。


そんな時に転機があったんです!
シーザーミランのDVDを見ました。
以前からシーザーのDVDや動画を見て、フードアグレッションの回も参考に見てましたが、
転機になったのは他の問題行動の回。
でも、その内容から何かヒントを得たんですよね。
シーザーが言う、「飼い主のマイナスの気持ちは犬に伝わってしまう」「もっと犬を信じて」
ってところが大きいかな。
ミレルの気持ちになってみようと思いました。


ミレルはもしかしてお皿を持つ手が嫌なのでは?
ミレルが吠える理由は、
「もう、一人で食べれるよ。お皿を取らないで!」と言ってるんじゃないかな?

思い切って、お皿を床に置いてみる事にしました。
でも、お皿のそばに私達がいるとやっぱり食べ終わると守ってしまいます。
それに、ご飯の準備中も興奮して冷静でいられなくなってしまいます。
では、他の部屋でご飯を作ろうか?ん。。それは無理。キッチンでないと作れない。
では、ミレルを別室で待たせよう!そして、ミレルのご飯中はミレルを信じて私達が別室へ行こう!

と思い立ったのです!
早速、食事のルールを作ってミレルに教える事にしました。
スペシャルなおやつを使ってキッチンの外へ誘導→マテ
これが出来るようになってどんどんスムーズになってきました。


けっこう端折りますが、現在2015年11月。
ルールは
① おやつで誘導してミレルを台所の外で待たせる
② ご飯の準備をする→ご飯を床にセットする(手におやつを持っておくこと!)
③ ドアを開けてヨシ!食べてる時はミレルの視界に入らない事!
④ 食べ終わったら、呼んでまた外で待たせる(手に持っていたおやつを使う)
⑤ お皿を下げる→ご褒美のおやつを置く
⑥ ドアを開けて終了


どうです?
普通に食べてるでしょ?
何か楽しそうにも見えません?
ガラスの向こうで楽しみに待ってる様子がかわいくないですか?
やっと普通のお皿で食べれるんです!

この作戦にして1ヶ月くらい経ちますが、ほぼ成功しています!
ミレルもゆっくり食べれますし、私達も焦る事なく、咬まれる事なく与え、お皿を下げられ、お互いストレスない食事タイムになりました。
先生にも動画を見てもらって「ルールが分かりやすかったのでしょう。落ち着いてワクワクご飯を待っているように思います。素敵なアイディアです。こちらも参考になりました。ありがとうございました」と言って頂けました。
また悪くなるかもしれませんが(←このマイナス思考が私のいけないところですね)
今のミレルにはこの作戦が合ってるようなので続けていこうと思います。


「食べる」って生きてくのに必ず必要で、大切なのに、それが今まで自然に出来なかった。
怒りながら食べるなんて。。。
怒りながらでもミレルが食べるなら、別に咬まれたっていいや。とも思いました。
でもやっぱり咬まれるのって悲しいですよね。落ち込みます。
それに決して良い事ではありません。小型犬だからまだしも大型犬なら大怪我になってしまう。
2年以上悩み、試行錯誤してきました。
お友達にもアドバイス頂いたり、先生方にもお世話になりました。
何より、ミレルは私達を信じて付いてきてくれました。嫌だった事多かったと思います。
フードアグレッションの原因は様々で、その子その子によってケースバイケース、修正法は色々だと思います。
ミレルには遠回りだったのか、近回りだったのか分からないけど、やっと良い方法が見つかりました。
たぶん自然には治らない思うので(お薬だって飲んでるんだし、今だってこのルールでないとダメです、食べてる時にミレルのそばに行くと唸ります)
でも、いつかもっと普通に、ルールがなくても何も気をつけなくても普通に食べれる日がくる事を願っています。焦らず、それが何年も先でもいいです。

-相乗効果-
ご飯タイムで興奮する事がなくなったせいもあり、一日中穏やかに過ごせる日が増えてきました。
怒りの気持ちが沸点に達してない日が続いた方が同情障害の治療にも良い気がしています。
ご飯以外でも機嫌が悪くなるシーンはミレルの気持ちをよく聴いてあげようと思います。



以上、2013年~2015年 ミレルの食事風景でした。










関連記事

コメント

そーきゅーと!

素晴らしい展開にときめきました。オツカレサマデス!
しかし「また悪くなるかもしれませんが」はミレルさんにばれるとまずいデース!
そこは「もっと良くなるかもしれませんが」と、お花畑にハンドルをきりましょー!?

カメラチェックからのドア前でソワソワの愛らしいこと♪
楽しいゴハンおめでとうございます。

2015/11/20 (Fri) 23:51 | きゃばりこ飼い主 #sSHoJftA | URL | 編集
コメントありがとうございました

☆きゃばりこちゃんママさま
そうか(^_^;)。。またマイナス思考になってましたね。
もっと良くなるに訂正しましょう。

たくさん助けてくれていつも本当ありがとうございます。
シーザーのくれたヒント、やっぱりすごい!

この調子でしっぽのお手入れも出来るようにしたい野望もあるのでしたー!
お手入れしてないからあんなに伸びるのだろうか?!

2015/11/21 (Sat) 01:14 | ♪チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集
頑張ってるね

ただ食べるってことがこんなにも大変だなんて~
チェリーちゃん&キャンディちゃん、ほんとにすごいわ。
それにもまして、
幼児期の環境がこんなに大きな影響を与えるってこと、目の当たりにして少しショック。。。
うなりながら、守りながら、必死で食べてるミレちゃん
思わず「誰も取らないよ、全部ミレちゃんのだよ」ってつぶやいて、切なくなっちゃった。

でも、ミレちゃん
どんどん良くなるに違いない!
だって、おりこうさんだし、今は愛情いっぱいなんだもん(^u^)

2015/11/26 (Thu) 15:01 | セリーヌ #- | URL | 編集
コメントありがとうございます

☆セリーヌさま
ミレルは特殊っていうかね、たまたまこういう仔だったけど、
ミレルと同じ犬舎から助けられ仔がみんなこんな食べ方ではないんだ~。
たぶん、ミレルより年上の仔は、飢えた状態が長く続いて感情を消すしかなかったんだと思います。
だから、こうして自分の思いをぶつけてくるミレルはまだいいのかもしれない。とも思ってしまいます。

過去も含めてかわいいミレルだから私達は頑張れるよ!
ミレルも嫌だったと思う。色んな病院行って、色んなトレーニングして。
でも、楽になってきてると思うからね♪
私達も一緒に日々勉強だよ^^
いつも応援ありがとう!!!

2015/11/26 (Thu) 17:04 | ♪チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する