繊細なミレル

ミレルはとっても気持ちが繊細です。どの子もそう、繊細だとは思いますが、
普通の接し方ではダメなことがあります。

抗うつ剤を飲ませているほどなのだからそうなのでしょうが、
飲ませていればいいという訳でなく、ミレルに対する接し方は気をつけなければいけないことがあるのです。

先日のお散歩で、ミレルが何かを拾い食いしました。
「くちゃくちゃ。。」と噛んでいます。
人が噛んで道路に捨てたであろうガムでした。
人用のガムはキシリトールが入っているかもだし、ミュータンス菌の塊みたいな物で、とにかくミレルの口から出さねば!
「ミレル!ペッしなさい!」と言いました。が、甘くて美味しいのでしょう、くちゃくちゃと噛み続けています。
これは強行突破と指を突っ込んで取ろうとしたんですが、当然ですがミレルは唸って咬もうとします。
悪戦苦闘すればするほど喉の奥へ行ってしまうガム。そして飲み込んでしまいました。
私はガムが取れなくて失敗したという悔しい気持ちと、拾い食いしたミレルを叱る気持ちが入り混じって、大きな声で「ガムなんて食べたらダメ!もうミレルの事なんて知らない!」とミレルを強く叱ってしまいました。
そしてその後も道路をクンクンしながらガムを探しているミレルのリードを強く引いて「ダメ!って言ってるでしょ!」と大きな声で叱ってしまいました。
ミレルは一瞬ビックリした顔で私を見ました。
その時、私は「ハッ」と正気に戻りました。ミレルに対しての行動で注意しなければいけないのは「叱ってはいけない」ことです。
感情のまま大きな声で叱ってしまった事を後悔しました。


そのせいか?何か最近、お散歩で止まっちゃうんですよね。。叱った場所あたりで。。。。




元々、お散歩が大好きではないミレルなので準備ができてもこんな憂鬱なお顔。




玄関を出ても、駐車場に車が止まってる日は「車に乗りたい」と車の前で止まってしまいます。
抱っこで道路まで出て、さあ出発!と歩きだしても、最近ガムの現場が近づくと足が止まってしまいます。
じゃ、道を変えればいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、うちは丘の上にあり、ガム現場を通過しないことには他の道へ行けないのです。
おやつで釣ってもダメ。それなら逆戻りしてうちの隣の公園へ行こうと言ってもダメ。(しばらくは公園作戦成功してたけど最近全くダメ)
お地蔵さんのようにお座りのまま動きません。
仕方なく抱っこしたり無理やり引っ張ってだましだまし歩かせるお散歩。
大きな通りに出てしまえばけっこう張り切って歩くのですが、また復路で現場を通る時も座って歩かなくなってしまいます。


ミレルの気持ちになって考えてみましょう。
ガムを拾い食いした→美味しい!食べたい!→ペッしなさいと言われた
食べたい気持ちと、ペッしなくちゃという気持ちの葛藤。
この「葛藤の気持ち」こそがミレルの常同行動の原因です。
ミレルは葛藤の気持ちがある時、どうしていいか分からず常同行動をしてしまいます。
その時、決して叱ってはいけないと先生に指導されています。叱らずに気持ちを切り替えてあげる事が大切。
なのに叱ってしまった。。。

そして、お散歩で嫌な事があった、このストレスのせいで、無理やりお散歩するようになってから家に帰ってお水をガブ飲みするようになってしまいました。
お散歩へ行ったら行ったで楽しい事もあるので、例えばこんな風にクンクンと匂いを嗅ぐこと。
ワンちゃん社会にしっかり参加する為に必要な行動ですよね。
DSCN6185.jpg

お散歩楽しい気持ちと、嫌な事があったストレス
ガムを探したいけど、探すと怒られる
これも葛藤の気持ちが起こってしまうようです。
結果、お散歩へ行くには行くのですが、帰ってきてから異常なほど水を飲むんです。
お散歩直後だけなく、気付くと水飲んでるみたいな感じ。
当然、お水を飲むのでオシッコの回数も倍以上増えます。
(心配で測りましたが、病的な多飲多尿と言われてる体重1キロ×100㎎飲んで、×50㎎おしっこする、ほどではありませんでした。)
で、お散歩へ行かない日はガブ飲みしません。なのでやっぱり心因性だと思います。
楽しいはずのお散歩が、相当のストレスになってしまったのです。
お散歩トレーニングもしていたので、上手に歩かなきゃというプレッシャーもあったのだと思います。


最近のミレルは常同行動も減って健康で普通のワンちゃんみたい!と錯覚しがちですが、
やっぱり繊細。飼い主の行動が浅はかだと、ミレルが深く傷つくことがある。
つくづく身に染みた事件でした。


その後、ミレルのお散歩は妹も一緒に3人で行ったり、
ある程度好き勝手に歩かせて楽しい雰囲気満載に、おやつも大量に使います。
「いい子ね~♪」と声かけも大げさに作戦!(周りに変なおばさんと思われたっていいです!)



DSCN6195.jpg
お天気が手伝ってくれる日は更にご機嫌で、ガムの現場もスイスイスルーし楽しく歩きます。
↑昨日はご機嫌にお散歩出来ました!

また、やっぱり途中で足が止まってしまう日もあります。
今日なんて絶対歩かないと伏せてしまいました。
帰る?と家の方へ歩きだせばスタスタと。


ミレルの場合、ただのわがまま、ただの怠け、だとか考えずに歩かない原因を考えてミレルの気持ちに気付いてあげなくっちゃと、
接し方も気をつけなければ!無理はせず、ミレルのペースに合わせて。




そんな今日、こんなことがあった矢先なのに、行動科の先生からメッセージが届いた。。。
DSCN6197.jpg
えーーー!!!嬉しいような、でもまだ心配なような、自信ないような。。
とりあえず2ヶ月後に考え始めるかもしれないってことだから、焦らずに後ろに下がることのないよう、亀さん歩きでもいいから進みますように。
関連記事
Category: 病院

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する