日本臨床獣医学フォーラム年次大会2016 

9/24(土)にJBVP年次大会2016
もっと考えよう伴侶動物とのくらし -どうぶつにやさしい医療- へ行ってきました!
去年もとても勉強になったので張り切って早起きしてGO

IMG_2825.jpg

でも朝一番のプログラムには間に合わず途中からになっちゃいましたが、
夕方まで4つのプログラムをしっかり聞いてきました!


【フレンドリーキャットの育て方】 -これからの猫暮らし-
猫ちゃんのお話でしたが、ミレルの大学病院の入交先生と赤坂動物病院の柴内先生のプログラムという事で聴講しました。

●まずは伴侶動物とは
伴侶動物の代表と言えば犬と猫、他にはうさぎ・鳥・馬など。
愛玩動物とはニュアンスが違ってきている。ただ可愛がるだけでなく人の「伴侶」となる動物。
・人との暮らしの幸せな歴史がある
・人と動物との共通感染症、習性行動が解明されている
・帰る自然はない
伴侶動物は人と共でなければ暮らしていけません。

これは「うちの子はペットじゃなくて家族」っていうのと同じですよね♪

●「アニマルウェルネス」動物の5つの自由を与えなくてはなりません。
1、飢えや渇きからの自由
2、痛み、負傷、病気からの自由
3、恐怖や抑圧からの自由
4、不快からの自由
5、自然な行動をする自由
これは動物福祉の指標となっていて人と暮らすべての動物に与えなくてはならないものです。
たとえ畜産動物であっても育てている間は与えなければなりません。

これは私達は当たり前のように出来ている事だけれど1つでも欠けてはいけない大切なことですね。
ミレルのいた繁殖場なんてすべて当てはまらないんだもの。。。


●ヒューマンアニマルボンド(Human Animal Bond)
『人と動物の絆』のことであり、コンパニオンアニマルの社会的認知を高めるとともに、人の暮らしの中に動物と触れあうことで得られる効用を活用しようという活動の根本となる考え方。

これは人間の医療にアニマルセラピーが有効であることなどが代表的ですが、
うちにだって言えることでミレルがいるからお散歩へ行きます。お散歩へ行くことで私の運動にもなります。

●Bond-centered Practice 人と動物の絆を大切にする動物医療
家族の特性、動物の性格、家族と動物の密着度、動物の状態のすべてを考慮し、
その家族と家庭動物の組み合わせに最良の治療法を探すこと、
そして絆を美しく維持できるように最大限の努力を払う医療

難しく書いてありますが、ここからプログラムの表題である「フレンドリーキャットの育て方」のお話に続いていきます。
猫を飼うというと、昔は都会でも家と外を自由に出入りする飼い方が普通でした。しかし最近は家の中だけで飼うのが良いと言われています。これは外に出すことによって感染症にかかる、交通事故あう、連れ去りにあうなどの危険から守る事になります。

良い事とは半面、最近の猫ちゃんは家の中しか知らないと、健康診断やワクチン接種、病気になった時に病院へ行くために外へ出ることがストレスになってしまうという問題が出てきてるそうなのです。
キャリーケースに入らない、車、電車などが怖い、病院が怖い、キャリーケースから出てこない、診察台が怖い、といった問題です。
また、保護猫を家族に迎える飼い主さんも多いですね。人に慣れていない、家の中だけの生活に慣れていない猫ちゃんも多いです。

猫は生まれてから2週~7週の間に人に慣らせると良いと言われていますが、15週までは色々な事を学ぶ時期なのだそうです。
でも大人になってからでも時間はかかるけれど人との暮らしで色々な事を教えると覚えていくのだそうです。
動画やスライドなどを見ながらトレーニングする方法やコツ、聴講してる人からの質問に先生が答えるなどで、後は端折りますが、
猫ちゃんのお話でも犬に通じる部分も多く楽しくお勉強出来ました。


【スペシャルシンポジウム 伴侶動物のターミナルケアを考える】
ランチョンセミナーなのでお弁当付きです!
IMG_2826.jpg

栗田動物病院の栗田先生が診ていた猫ちゃんの症例を元に、医師、獣医師、両方の意見を伺うというプログラムでした。
伴侶動物の終末期の医療について、伴侶動物の尊厳死・安楽死について、という重く答えを出すのは難しいテーマでした。
各先生方のお話を聞いているうちに、ハヤタ、ピンパ、ナナの死と重ねて考えてしまい、
そしていつか来てしまうであろうミレルとの別れを想像してしまって、聴講中にけっこうな勢いで涙が出てしまいました。
ペットロス症候群のお話などもありました。

どこまで治療するか?というお話ですが、うちは実家のハヤタが腎不全になった時、鼻から胃にチューブを通し強制給餌しました。家での介護は正直大変でした。
でも家族で決めた事だったので後悔していませんし、家族で看取り、やるだけの事が出来たので母もペットロスになりませんでした。
ピンパは血栓症で、急性の不治の病でした。痛みで苦しみながら亡くなっていきましたが、告知されてから入院はせず家で看取りました。
今は、今現在、あの時を思い出すと、あんなに痛がるなら安楽死させた方がピンちゃんは苦しまなかったから良かったのではないか。という思いもあります。正直、色々な思い・後悔があります。でも、最期までその時出来ることは手を尽くしたと、思いたいだけかもしれないけど。。このモヤモヤが残ってるからミレルの最善をいつも探してるのかもしれません。
ナナは持病や加齢もあって、最後は消化器が悪くなってしまったようです。
先生にはとにかく痛くないように、眠れるようにお薬を出してもらっていましたが、徐々に衰えていって両親に見守られながら亡くなりました。

ターミナルケアについて先生方、皆さん共通の意見としては、
どのような治療法があるか事前説明を患蓄のご家族にきちんと伝える、伝わるようにすること、
その上で「家族全員で話し合って決めることが大切」で、
亡くなった後、ご家族の心のケアをすることも大切。というお話でした。

よく、猫は死ぬときは人の目に入らない場所でひっそりと亡くなるといいますが、動物にはそういう本能もあるのでしょう。
動物自身がどのように死にたいかなんて言えないし、考えている訳でもないと思うので難しいですよね。
伴侶動物は人と一緒でなくては暮らせないのですから、飼い主が最善を考える。それしかないと思います。
とても重いテーマでした。



【心臓病を手術で治す方法】
JASMINE どうぶつ循環器病センターの上地先生のお話でした。

犬の心臓病、主に小型犬に多い僧帽弁閉鎖不全症の手術に関してのお話で、
内容はほぼ、先生が飼い主さん向けに執筆された著書
「愛犬が僧帽弁閉鎖不全症と診断されたら読む本」と同じ感じでした。
キャバリア飼いの方は皆さんよくお勉強されているでしょうし、この本も読んでらっしゃるかと思いますので、
詳しくは端折ります(;^ω^)。。

去年、日獣の竹村先生に内科的治療を教わりました。
今回、上地先生に外科治療を教わって、選択肢が1つ増えたと思いました。
でも、術前・入院手術・術後・定期的な受診とかなり高額な治療費がかかることは確か。リスクもあります。
簡単に決められることではないですね。だからこそ先生のお顔、お話する姿を直接見ることが出来たこと、お話を聞けたことはとても良かったです。
キャバリア飼いならなおさら色々備えておくのがとても大切ですね。←と自分に言い聞かせています。



【伴侶動物の健康診断が重要なわけ】

赤坂動物病院の柴内先生のお話でした。

午前中のフレンドリーキャットでも教わった「伴侶動物とは」といったお話から
伴侶動物には「福祉」「医療」「教育」が必要で医療で大切な〈健康診断〉について学びました。

小型犬は1年で人の年齢に換算すると4~5歳年をとると言われています。
そうすると、あっという間に壮年期と言われる7~8歳になってしまうという事です。

最近ではバースデー検診といって1年に1回の健康診断をする飼い主さんも増えてきていますね。
健康診断では、一見何も無いように見えても3割の子に異常が見つかっているそうです。
何かが起きてから病院へいくより、健康診断で早期に発見した方が治る確率も上がり治療費も少なくて済みます。また患蓄への負担ストレスも少なくて済みます。
ウェルネスの観点からも、健康に美しく育てる事は愛情の証でもあるのです。

●では具体的に健康診断ではどういう事を検査するのか?
身体検査・血液検査・レントゲン・エコー検査・尿検査・糞便検査・心電図・皮膚検査・アレルギー検査・ホルモンの検査など。

●健康診断の回数
1歳からするのが良い(先天性の病気を見つける)
1歳~4・5歳は年1回。それ以降は年に2回できたらベスト。
究極的には2.5ヶ月に1回\(◎o◎)/!

●小型犬の老齢期9歳~13歳で多く見つかる病気

●メス犬の不妊手術により乳腺腫瘍を予防する確率
 発情前   99.5%
 1回目後  92%   
 2回目後  74%
 2.5歳~  効果なし

●ワクチン接種のガイドライン
新しいワクチンの接種法のお話。
1年おきと言われているワクチン接種ですが、ジステンパーや犬パルボウィルス感染症は3年以上あけた追加接種でも予防が可能であると分かり、赤坂動物病院ではそれを証明している世界小動物獣医師会のガイドラインに沿った「3年以上あけて」という新しい接種法(5種ワクチン)を取り入れているというお話でした。(レストスピラを予防するならオプションで接種)

これは1年おきが当たり前で、「ワクチン接種のお知らせ」が毎年病院から送られてくる我が家にはびっくりなお話だったので、プログラム後に柴内先生に直接お伺いしました。接種法が詳しく書かれている資料も頂きました。
やはりまだ日本では1年おきの接種がスタンダードでオーバーワクチンになっているそうです。
ワクチン接種の箇所に腫瘍が出来る特にダックスちゃんに多いと聞きました。キャバリアもアナフィラキシーショックやワクチンアレルギーなど耳にする事もありますね。
ただ、実際に現時点で日本の製薬会社のワクチンは1年間の有効期限しか保証していないので、新しい接種法を取り入れている病院・獣医師は少ないでしょう。また地域によっても違う。
抗体検査をするのもすべての項目となると高額で現実的ではない。
証明書を書いてもらう煩わしさもありますね。

なのでミレルもこの接種法にするのは難しいかと思います。
でも、高齢犬や重い病気のある子、アレルギーのある子などは、この接種法を提示し相談することで負担を軽減する事ができるのではないかと思います。

※私がプログラムで聞いた内容から感想を書いているだけです。実施の際は獣医師によくご相談ください。記事の内容は保証しません。不妊手術の時期についても賛否両論色々なご意見があるかと思いますが、私は柴内先生のお話は有意義だと思いました。


長くなりましたが、JBVP年次大会2016 9/24にお勉強したプログラムのご報告でした!
関連記事
Category: 病院

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/29 (Thu) 07:28 | # | | 編集
No title

☆鍵コメさま
コメントありがとうございます^^
いつも読んでくれてありがとうございます!
メール送りました~!

2016/09/29 (Thu) 11:40 | ♪チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集
お疲れ様でした!

凄い。この記事書かれるのお時間も気合も相当かかったのでは。
おかげさまで勉強になりました。古いけども2003年のワクチン資料だと、
5種混合ワクチン仕入値900円、7種混合1100円の仕入値が相場とある。
それを7千円くらいで打つんだから、一次診療の収入源としては重要ですよね…。
世界標準でやってる病院もちらほら知ってるけど、地元には無いという悲しさ。
1年毎の証明書がないとランもトリミングも利用できないし…。
これって、飼い主側啓蒙するより獣医師を(自主規制

詳細なまとめ、ありがとうございました。臨床獣医学ステキ情報を
フィードバックされちゃうミレルさんしあわせものデスネー(*´▽`)

2016/09/29 (Thu) 23:47 | きゃばりこ飼い主 #sSHoJftA | URL | 編集
コメントありがとうございます

☆きゃばりこちゃん飼い主さま
気合いいれても、ずいぶん省略系になってしまった(^_^;)
ノートにメモった字が読めなかったりで(;^ω^)アセアセ
忘れる前に書いとかなきゃ!って感じでさ(;^ω^)

上地先生の時は実際に上地先生に手術してもらったという飼い主さんにお話を聞けたし、条件がすべて揃っているなら手術するのがいいと思った。手術できるお家が羨ましいと思うよ。

ワクチンのお話はそうよね、獣医師の大事な収入源だからねぇ~。。
まだまだ難しいよね、きっと。



2016/09/30 (Fri) 00:24 | ♪チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集
No title

ご無沙汰しちゃってました(;^_^A
相変わらずチェリーちゃんの勉強熱心さには脱帽ものです

上地先生 かいるも診ていただこうか考えたこともありましたが残念ながら日程が合わず断念><
今となっては手術は考えられない状況(^^)v

柴内先生は専門学校の時に講師に来ていただいてましたよ
お元気そうですね

かいるもそろそろ心臓さん検査に行かなくっちゃ!

2016/10/11 (Tue) 10:35 | ヴィクトリア #8gfOIHpU | URL | 編集
コメントありがとうございます

☆ヴィクトリアさま
わ!久しぶり~!
かいるくん元気にしてる??
私こそFacebook見れなくてごめんね。。

上地先生のお話で、かいるくんの心臓の病気のお話も出ました。
上地先生の病院で手術するわんちゃんはチワワが一番多いんだtって。
術後の生存率もチワワが高かったよ!
小さなチワワの手術しちゃうんだもん、すごいよね。
でも、内科的治療で現状維持出来てるならそれが一番だと思うよ!
かいるくんも検査頑張ってね!

ミレルはまだ心音きれいなんだけど、キャバリアだから覚悟はしてる。
そうなった時、どうするか。今から信頼できる先生に診ていただかなきゃね。
その前にちゃんとエコー撮れるように病院でパニックにならないように慣らさなくっちゃなんだけども(^▽^;)

柴内先生はミレルの行動科の先生とも親しいそうで、
精神的に問題のあるミレルにはとても参考になるお話でした!

2016/10/11 (Tue) 13:36 | ♪チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する