通院記録 2016/10/14 ワクチン接種

前回のワクチン接種から1年経ったのと、
尿検査も前回から3ヶ月経過したので、地元の病院へ。

先日のフォーラムで習った通り、朝一番のおしっこで検査。
おうちで採尿する時はトイレシートを裏返しておしっこをさせて、それをシリンジで採って持って行きます。
病院で採尿する時は、ミレルは女の子スタイルでしゃがみチッコなので病院でお皿を借りてそこに採ります。
女の子より位置が上で床に近くないのでお皿に採るのは簡単ですv
ピンちゃんは足上げチッコで、どちらかといえばお外派だったで採尿はとても苦労してました。
管で採ってもらう事もありましたが。


さて、ミレルの
体重 7.7㎏ 体温38.3℃ 心雑音なし 体調よし
尿検査の結果もはなまる♪ いつもphがアルカリぎみですが、朝一チッコのphは6.5 と正常値
ウロビリン+1でしたが気にする必要なし、いつも軽く出てしまう比重も正常値。その他も-でした。

ミレルのフードを変えたのも良かったのかも!
特に療法食にはしていませんが、良質なフードとサプリメント(おしっこすいすい)でよい状態をキープ出来ているようです。

地元の先生に診て頂くのは久しぶりだったので、最近の街の病院と大学病院の診察結果をご報告。
フルオキセチン10㎎→15㎎に上げたことや、継続して治療を続けている事など。
それと、最近は治まっているけれど夏酷かったうんちのお漏らしについても聞いていました。
寝てる時やリラックスしてる時にごく少量ですがうんちがポロっと出てしまいます。
触診してもらいましたがちゃんと肛門はキュッキュッって閉まるそうです。
ただ、寝ていたりリラックスしてる時はどうしても括約筋が緩くなるのだそう。
病的な場合はうんち垂れ流しみたくなっちゃいますが、正常な範囲での緩みがあるって事で、それは個体差があって、ミレルの場合はちょっと他の子より緩んでしまうのではないでしょうか。とのお話でした。
またフルオキセチンを増やしたのが原因かもしれないと、先生も仰ってました。
大学病院の先生にもうんち漏らしの事は相談していてお薬の副作用ではないと聞いていますが、
やっぱり少なからずお薬を飲んでから出てる症状なのでね。まったく原因ではないって感じじゃないなと。
ただ、最近はお薬が馴染んでしたのか?寒くなって体が締まってるのか?分からないけど、お漏らししてません。
このまま治りますように!

他に心配なところもないのでワクチン接種となりましたが、
一応、先日フォーラムで聞いた3年以上あけて接種する方法について聞いてみました。
先生はもちろんそういう説がある事をご存知でしたが、やはり一般的に1年おきの接種を推奨してらしたので、
素直に、ワクチン接種をお願いしました。
ただスクラッチングしてしまう首のあたりと過敏な右側を避けて打って頂きました。
接種後は30分くらい駐車場に待機してから、具合悪くなる様子はないので帰宅しました。
今日明日は安静に。

という事で、みんなで床でお昼寝zzz。
IMG_3031[1]
注射されたんだぜっ!むかちゅく!

どうやら毛布ぐちゃぐちゃな感じが心地よい様でした(;^ω^)
IMG_3029[1]
体調悪くなる事もなく元気なミレルです。

ワクチン接種のお話で、先生から聞いたのですが
最近、先生の患者さんで脳神経の病気が疑われるので専門医にMRIを頼んだのだそう。
画像診断だけでは確定しなかったようですが、血液検査や高度な検査でジステンパー感染だったことが分かったそう。
そのワンちゃん、ちゃんとワクチンしていたそうなんです。先生も何でか分からないと仰ってました。
ってことで、家に帰って犬と猫の神経病学を読んでみた。
DSCN8403.jpg
はい、ありました。ワクチン接種によって発症するCDIも報告されている。
やっぱりワクチンにはリクスもあるって事ですね。
1年おきを全否定する訳ではないけど、飼い主の気持ちとしては3年以上あけて接種のがありがたいのは確かですね。
今度、街の方の病院へ行った時も聞いています!




関連記事
Category: 病院

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する