クロ現より~ペットの遺伝病

1/11放送のNHKクローズアップ現代のテーマが
「あなたのペットは大丈夫!? ~追跡 ペットビジネス・遺伝病の闇~」
というものでした。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3915/1.html

クロ現では度々、ペットについての様々な問題に触れてきているようで、
私も5月にhttp://pimchan.blog66.fc2.com/blog-entry-1725.html
一度記事にしてみています。
その時に貼り付けた新聞記事↑はまさに、今回のテーマと同じですね。
遺伝病についてです。

番組では、まずコーギーの変性性脊髄症(DM)についての話でした。
うちにある神経病学の本より↓

番組に出ていた滋賀大学の神志那先生が執筆されたページです。

DSCN9353.jpg
はい!先生もおっしゃる通り、「今後はブリーダーも含めた取り組みが必要!」

番組の中で、肢に麻痺が出たコーギーちゃんを介護している飼い主さんが言った言葉。
最期は麻痺が心肺にまで及んで呼吸することもできなくなります、
「それを聞いたときは一番つらくて、苦しいだろうなと思って…」
胸が詰る思いで観てました。。。

遺伝病によって苦しんでいるペットや飼い主さんがいるという現実。
現に、ミレルはキアリ様奇形という遺伝疾患が原因で脊髄空洞症という病気を持っています。
またキャバリアには僧帽弁閉鎖不全症もありますよね。

キャバリアの遺伝病が大きく取り上げられている2作品、
「イギリス 犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起こす遺伝病~ 」
「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
BBCが製作しNHKが放送したものです。キャバリア飼いに動揺が走りざわついた作品です。
観たことない方は、現在は動画配信サイトなどで観れるかもしれません、探してみて下さい。

ブリーダーさんが健康な犬を生み出していくことが必要ですが、
飼い主=消費者が健康な犬を求めることが大切だと思います。
その為にもっと現状を知り、病気について勉強しなくては!

ペットの遺伝病は人の努力で減らせるんですもの!!!





関連記事
Category: 動物愛護

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する