スクラッチング動画

前の記事で遺伝病について書いたので、ミレルの遺伝病を。



昨晩、寝ていたミレルを起こして夜ごはんを手で与えていたら
スイッチ入っちゃった(;´Д`)

搔き掻きが止まらない。
たぶん、
寝てた➡起こされた➡ご飯で興奮
この回路でスイッチonしちゃったみたいです。反省。


画像の向きが横になっちゃいました。見にくくてすみません。

ミレルの場合、常同行動(精神病)で耳をかじってしまうのは右耳。
触られて嫌なのも右です。(これはアロディニアかな?)
スクラッチング(神経の病気)で掻くのは左が多い。(右も搔くけど)

ご飯で気を反らそうと与えてみてますが、ご飯食べても搔くのは治まりません。
常同行動(精神的な病気)はご飯やおもちゃなど、他の物に切り替えて止めさせることが出来ます。
それにお薬(フルオキセチン)を飲んでますので現在症状は出ていません。

という事は、これはキアリ様奇形による脊髄空洞症(神経の病気)の症状。
引っ掻き行動(スクラッチング)と言われているものです。
ミレルはアレルギーはありますが軽度ですし、アレルゲンと思われるものは食べさせていません。
皮膚の状態は正常です。耳もいつも綺麗に洗浄していて状態は良いです。
スクラッチングは、異常な感覚があって搔いているのです。
痒いのか?痛いのか?分からないけど神経の異常でそういう感覚がするので搔いています。


このようなスクラッチングがなかなか止まらない日は時々あります。毎日ではありません。
お天気(たぶん気圧)の影響もあるようです。
この動画の後も、治まったかな?と思ってもしばらくすると搔き掻きの繰り返し。
ジルケーン飲ませて30分くらいでやっと治まりました。
寝る前などによくなるので、ジルケーンは寝る前にも毎日飲ませています。



ミレルの場合、うちに迎えて1年近くたったころに耳を気にしてかじる、スクラッチングやマズルを床に擦ったりが始まりました。
神経の病気を疑いすぐにMRI検査をしてキアリ様奇形・脊髄空洞症が見つかりましたが、
実はその異常行動の中に、精神的な病気による常同行動も含まれていたことが判って
行動治療・投薬を始め、常同障害は治っています。
すると色々やっていた異常な行動から常同行動を引き算すると、スクラッチングが残った。
という事がよく分かる動画でした。

ミレルの脊髄空洞症も少しづつ進行してるのかもしれません。
去年の5月に神経科の再診を受けていますが、まだお薬(ガバペンチン)の必要なし。とのことでしたが。
先日の行動科再診では触って痛がるなどがあったらすぐに神経科へと言われています。
フルオキセチンとガバペンチンは一緒に飲んでも大丈夫なので、症状が酷くなったら飲ませるつもり。


ある意味、セロトニンが足りてないのも100%ではないとしても遺伝の要素が多いと思う。
キアリも遺伝。
そこに心臓もきちゃったら遺伝病三重苦である。

もう4歳なので一度ドッグドックをとも思っているけど、
ミレルの病院怖いよ問題は治ってないので、とりあえず心臓だけ検査をすることにした。
今月中に予約取った。ドキドキ。
たぶん、心雑はないのでまだ大丈夫だと思うけど、心配なのはミレルの精神状態だな。
帰宅してから攻撃的になるのはきっと間違いないので、
そういう時はジルケーン大量に与えて、そっと一人にしておくように。とのアドバイスをもらった!

どうぞ無事に終わりますように。






関連記事
Category: 病院

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する