ナナは胆のう炎でした。

1/14(土)ナナを検査の為、高度な検査機器のある病院へ検査へ連れていきました。
私も一緒に行きたかったのですが仕事が休めないので、午後から妹が連れて行ってくれました。
普段、市内しか運転しない妹。。2つ隣の市まで国道通っていけるのか?心配でしたが大丈夫でしたw良かったw

それともう一つ裏話。
その間、2時間おきに介護が必要なハヤタを病院へ預ける事に。
車に乗せる為に体を動かしたせいか?腸が刺激されたのか?病院に着くなり待合室でうんpしちゃった(^_^;)
他に患者さんがいて、、迷惑をかけてしまいました。。。
寝たきりでおかしな姿勢しかできないし、鼻からチューブしてエリカラのヨタヨタ老犬を見る世間の目は冷たくて。。
でも母は「2日ぶりにうんpが出てよかったw車の中じゃなくて良かったw」とニヤリ(*^^)v
母は強し!
そしてハヤタはナナが居るのが分かったのか?一吠えする!「ナナがんばれ!」


さて、ハヤタを置いてナナを連れ出しました。
ナナは行きの車で一度吐いてしまったけど、何とか到着。
新しく出来たばかりのピッカピカの病院だったそうです。
手術室や検査室も全部オープンで見えるようになっていて、
声の大きな院長先生とたくさんのスタッフさんのいる大きな病院です。
「5日も何も食べていない状態なんですよね?人間なら20日に値します。危険な状態ですよ!」
始めは脅かされた母と妹ですが(~_~;)後の対応は良かったようです。少しせっかちな感じはしたようですが(^_^;)
スタッフさんに対して言葉がキツイ感じなんだって(^_^;)

時間予約してくれてたので他の患者さんもいなくて、テキパキ!スムーズにどんどん検査が進む。
血液検査、レントゲン、エコーで先生はだいたいの原因は予測できたようですが、確定するためにCTを撮りたいと言われたそうです。
CTは全身麻酔が必要だが5分間だけで済むので、万が一目が覚めない場合があるが、
「たぶん大丈夫です!!!いいですか?」と聞かれ「ハイ」と言うと
「じゃ、麻酔します!」
すごい手際がよく挿管して造影剤を入れて本当に5分でCT終了。
「ハイ終わった!早く起こして!」と言うと看護師さんがナナをさすって起こしてくれました。

すべての検査室にパソコンがあり結果はすべて電子カルテへ送られてどのパソコンからもナナのカルテが見れるようになっていたそうです。
CTの画像で病気が確定しました。胆のう炎でした。
胆石があり詰まって、胆汁が溜まってパンパンに膨れていました。
それが胃を押し上げて吐き気になっているようでした。
血液検査ではALKPが534U/L(正常値23~212)と高値。ALKPは胆管細胞で作られる為、胆汁の流れが悪くなる場合高値になるそうです。
血液検査もナナの病院で調べられない項目まで詳しい検査ができました。異常値は多々あるものの、点滴によって血が薄くなっている為に異常値になった物もあるし、肝臓や腎臓も心配はない程度との事。

CTの後、バリウムを飲ませ30分置きにレントゲンを撮って胃から腸までの流れを調べる事になり、3時間くらいナナを預けて、母と妹は遅い昼食へ。ドキドキしながら待つ。。。

バリウムの結果では胃から腸へはちゃんと流れていて大丈夫だろうとの事。
ナナの先生のおっしゃる通り、長年ステロイドなどの経口薬のせいで胃が荒れて潰瘍なども出来てる可能性はあるが、今日はもう内視鏡までする体力はナナに残っていないので、内視鏡はしませんでした。

検査してくれた先生の見解は。。
外科的な手術で胆のうを切除すれば治るが、ナナの年齢を考えると手術がベストとも言えない。
年齢が若い子でこのような症状が出ていれば手術となるのでしょう。
石を溶かすお薬、胆汁を流すお薬で症状を軽くする事はできるかもしれない。
後はかかりつけの先生とよくお話しして下さい。との事でした。
検査の先生は手術したいような感じだったようです。

妹の感想は、とにかくナナの病院(ピンパも同じ病院です)とは桁外れの最新機器があり使いこなしている(もちろんカラドプラーもあった)いつもなら検査センターへ出さないと分からない項目も病院で分かってしまって、先生の検査する腕も迅速で良いとの印象。
去年夏ピンパが紹介された病院より先生の感じも悪くない(すいません上から目線で(^_^;)
ただ気になったのは、看護師さんやスタッフさんに対する態度がキツイ、少し乱暴な感じがする。でも患者さん達には優しいそうです。
それと普通、動物病院って混んでるイメージだけどすごく空いてたそうです。そこが逆に心配と思ったそうです。空いてたのはたまたま今日だけだったかもしれませんが。。。



帰りの車では疲れ切ったナナは寝ていました。
かかりつけの病院へ着き、再びナナを入院させました。
先生ともお話し、まだ黄疸の症状が出ていないので、胆汁が完全に詰まっている訳ではないと思うので胆汁の流れを良くするお薬で治療する事に。石を溶かすお薬もあるそうなので、それで症状が良くなってくれる事を祈るばかりです。。
手術はナナの先生のところでは出来ないそうです。

このまま吐き気が止まらないと食べれないので衰弱してしまいます。
原因がわかったのでお薬で良くなるように祈っています!
母もショックで落ち込んでいますが、今日検査できて良かったと言っています。
ハヤタは病院で預かってもらってる間じゅう鳴いていたそうです(^_^;)
病院にナナの匂いが残っていたのかもしれませんね。家に戻るとグッタリと寝てしまいました。。

ナナはまだお家に帰れませんが良くなりますように!!!!!!!!
ナナにパワーをお願いします!!!!!!!!!!






関連記事

コメント

No title

ナナちゃーん!!
お薬きいて少しでも楽に、食べられるようになると良いね

ハヤタくんにとっても、一緒に頑張ってる仲間なんでしょうね。

ちょっと寒い日が続いてるけど、二匹とも頑張って>_<
二匹にこまとパワー送るよ!!!

2012/01/15 (Sun) 11:41 | ローズマリー #- | URL | 編集
がんばれぇ~~~~~!

キャンディちゃん お疲れ様でした
ハヤタくん 病院で診てもらってたら安心だよね

ナナちゃんは胆のう炎かぁ~><
かいるは膵炎から胆管炎だったけど、ALKPが1900以上にまでなったよ
早くお薬で改善されて、食欲が出ますように!

そうなのっ!老犬連れてると冷たい目で見られることあるの!
ヴィクトリアもトムさんのとき何度もあったの!
でもさ、大事な家族なんだもの胸張ってて良いと思う!
年取ったら人間さんだって粗相することあるし。。。ってか、お母様のニヤリ!が正解だと思います^m^

ナナちゃん がんばって良くなって大好きなお母さんのいるおうちに帰ろうね
かいるも応援してるよ~~~~~!

2012/01/15 (Sun) 12:33 | ヴィクトリア #8gfOIHpU | URL | 編集
頑張って!!

ハヤタくんもナナちゃんも頑張って!!
家族が病気で辛そうにしている姿は本当に辛いものですよね。
入院中のナナちゃんも早く大好きな家族の元に帰りたいでしょうね。
ハヤタくん、ナナちゃんが一日でも早くよくなりますように
我が家のわんにゃんも心を込めてパワーを送ります。
ハヤタくん&ナナちゃんに届きますように・・・

ブログ変更しました。http://one-nyan-mayublo.seesaa.net/

2012/01/15 (Sun) 21:59 | mayu #fkEmpleY | URL | 編集
No title

ナナちゃん胆のう炎だったんだね~><
年齢も年齢だし…治療方針などいろいろ悩むことも多いと思うけど、ご家族で出す結論が全てだと思いますよ。
苦しんでる姿を見るのはとてもしんどいし辛いと思う。
少しでも症状が緩和されることを祈ってやみません!

ちなみに我が家のかかりつけの先生も、スタッフさんに対しては結構キビシイ口調です。
そのせいか…看護士さんの入れ替わりが激しいことも(笑)
けれど、命を預かる現場だから当然だと思うトメコです。

2012/01/16 (Mon) 01:44 | ジョルジョトメコ #- | URL | 編集
コメントありがとうございました

☆ローズマリーさま
ローズちゃんとこまちゃんのパワーのおかげで、少し良くなっています♪
ありがとう!!!




☆ヴィクトリアさま
ありがとう。
今夜はお家に帰れました♪
久しぶりにハヤタとご対面~♪
ま、2匹とも「お、うむうむ」って感じで喜ぶって訳じゃないけどね、側に居るっていいよね!

老犬連れてると、そういう目で見られるけど気にしないよ~w




☆mayuさま
mayuさんのお家にはたくさんワンにゃんいるからパワー何倍??
お陰さまで少しづつ良くなっています。
新しいブログ拝見しました~♪
今度ゆっくりコメントさせて頂きます!





☆ジョルジョトメコさま
胆嚢だったよ~原因。
検査でかなり疲れたようだけど、分かって良かった。

出来たばかりの病院で口コミはまだ聞いてないけど、キャンディの話を聞いた感じでは悪くなさそうだよ!チェリーは優しい話し方する人が好きだけどね(^_^;)
年中無休だからいざという時には行こうと思ってる。
ピンちゃんのおしっこ問題もなかなか良くならないようなら相談に行こうかなと思っています!

2012/01/16 (Mon) 21:31 | チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する