ナナその後

病気の話ばかりで、ちっとも楽しいお話が書けないので。。つまらないんですが。。
やはり記録として残したいので書きます。


写真は家に帰ってきて2日目の夜の写真です。

今まで外で暮らしていたナナは室内に慣れずにいましたが、こうして寝れるようになってきてます。

現在、昼間は病院に入院して皮下点滴と鼻チューブからの栄養補給、お薬を入れて頂き、夜は家に戻ってくる生活をしています。
鼻から入れたチューブで栄養物を入れるのですが、吐き気のあるナナの胃に栄養物を入れるので心配が尽きません。。まだ一日に必要な量を入れられるまでに至ってないので衰弱が心配です。
昨日・今日は吐いていないようです。

昨日ピンパを連れて行ったナナが検査した病院で、ナナのその後の様子を聞かれました。
鼻からチューブを入れたと言うとB先生からお話がありました。
ナナの検査結果は大学病院へ送って診断してくれて、ちょうど私達の行った時に回答が届いたそうなのです。
大学病院の先生も膵臓は悪くなく胆嚢が原因との見解でした。
(でもかかりつけのA先生は膵臓も悪いという見解です)
そして、今後のナナの治療法についていくつかやり方があるとお話してくれました。B先生もナナの年齢を考えると手術のリスクが大きい為、内科的治療をするなら

一つは点滴で腕の血管が使えなくなってしまったのなら足の付け根からカテーテルを大動脈に近い血管まで入れる。これは入れっぱなしにしておけるのでそこから高栄養液を入れてやる方法。

もう一つはバリウムを飲んで撮った画像からも胃から腸への流れは正常な事から、首を少し切開して首から十二指腸へチューブを入れる。胃を通過せずに流動食を入れられるので吐いてしまう心配がない為、鼻から胃へチューブするより安全な方法だそうです。

今、昼間A先生の元でビタミン剤やお薬を注射や皮下点滴し、胃の中へ入れてる栄養物は一日量には至っていません。口からは全く食べれていません。
体重も減ってきていますし、半日入院も毎日しててもまだストレスでよだれが出てるようです。
しかも今日の午後からA先生自身の体調不良がおき、診察が急きょお休みになってしまったそうです><
以前も腰を悪くされたA先生。診察もお休みになり手術もすべてキャンセルになった時期があります。今回も腰なのかな?先生にはいつまでも元気で頂かなくては大変ですが、、、。
はやり他に良い先生を見つけておかなくちゃいけないと実感しました。

このままナナの状態が悪くなる一方ならB先生のところへ連れて行く事も考えなくてはいけませんね。
母はハヤタを預けるとハヤタがぐったりなってしまうので、しぶっているのですが。。
とりあえず人間だけもう一度B先生の話を聞きに行ってみるのがいいかもしれません。


今日、ナナを病院へ連れていこうと庭に出すと、ハウス(犬小屋)に入ってしまったそうです。
(;_;)
ナナ。。やっぱりそこに戻りたいんだね。。。
ナナは怖がりでいつもハウスの中から家の中を見ていました。
もし、半日入院しなくても平気になれば、お天気の良い日は外で日向ぼっこもできるのにね。。
母は、家の中でも落ち着けるように段ボールなどで屋根を作ってあげるそうです。

関連記事

コメント

No title

ナナちゃん入院が長引かなくって良かったね。
オウチが大好きなんだもん。
ストレスが少ない方が免疫力的にもきっとイイよね。
ナナちゃんも胆嚢炎だったんだね。
しぃちゃんも胆嚢炎の再々発だったよ。
手術はしぃちゃんの場合は本当に危険で先生は絶対したくは無いんだけど
コレ異常危険な状態になったら取り返しがつかなくなる前に手術しないとって言ってたら
しぃちゃん奇跡的に復活したの。
黄疸も出ていて胆汁がギッチギチに詰まっていて胆管も詰まって...
驚いてたの。前回は全然お薬が効かなかったのに...。
ナナちゃんもしぃちゃんと一緒に頑張ろうね。

2012/01/24 (Tue) 01:59 | Citrine★ #- | URL | 編集
コメントありがとうございました

☆Citrine★さま
ナナ今もまだお昼間は病院で輸液してもらってますが、夜はお家なので少しはいいみたい。
吐き気が治まると、今度は下痢しちゃって(;_;)。。
一進一退でなかなか治りません。。。
しぃちゃんも胆嚢炎乗り越えたんだね!ナナも頑張るよ!

2012/01/24 (Tue) 22:36 | チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する