サプリメント、センター検査結果5回目

採尿日1/24(月)

ph6.5
潜血2+
白血球500Leu/uL

今回、おしっこ採るの失敗しちゃって(^_^;)
採れたおしっこの量が少なかったので遠心分離機にかけれなかった。
今回は結晶検査は出来ませんでした。

細菌は2種類出てしまい抗生剤10日間。

それと、先生が結石に効果があるといわれているサプリメント「ウロアクト」を用意してくれました。
ウロアクト』は、犬猫用の尿石予防サプリメントです。尿酸性化作用を有するクランベリーパウダーと尿石溶解作用と利尿作用を有するウラジロガシエキスを配合しています。
獣医師が処方する尿石予防サプリメントはストルバイト尿石をターゲットとした尿酸化作用のみの製品が数種類販売されておりましたが、シュウ酸カルシウム尿石にも効果が期待でき、細菌を減少し利尿作用によって排菌を促すことから細菌性膀胱炎にも効果が期待できます。
尿石予防に対して新たな視点からのアプローチが可能となります。

尿のphは酸性に偏ってしまうか心配でしたが、今飲み始めて5日程ですがそれほどではありません。
(phをアルカリにするph調節剤を飲んでいますが)どうしても療法食w/dを食べさせているので酸性に偏りがちなのでシュウ酸カルシウムが出やすすいので、注意!
(1/18にB先生の病院へ行った時には結晶は出なかった)

それと利尿剤について相談しました。
B先生に必要ないと言われたとは言いませんでしたが、レントゲンを見て肺もきれいで最近は咳もほとんどない事と、
利尿剤はピンパの体重に対しては少ない量を与えていますが、それでもおしっこの回数が増えます。
冬は寒いのでおしっこをさせに外へ連れだせない事、家のトイレでもおしっこしますが夜中は暖かい布団から出てトイレへ行くと温度差が心配な為。
睡眠の妨げにもなるので、以前も中止した時期があります。その時はたまたまかもしれませんが咳が多くなったような気がして再開してしまいました。
今回も中止する事については先生も肯定してくれたので、止めてみます。

それと処方はされていませんが、先生がフロセミドではない利尿剤「スピロノラクトン」というお薬も準備したそうです。どういう症状でどういう時に使うのかまで詳しくは聞いてきませんでしたがMRによく処方されるお薬なのでしょうか?ご存知の方がいたら教えて下さい。


強心剤も必要ないと言われた事が引っかかっていて早くサードオピニオンへ行きたいのですが、実家の2ワンから目が離せないのでまだ予約はしていません。
幸い、ナナは今日から毎日の半日入院を止めて家で様子を見ています。
吐き気が治まってきてしっぽを振ったり、頭をブルブル振ったりできるようになって元気になってきています。
まだ口からはほんの少ししか食べれませんが、お薬は喉の奥へ入れてしまえばゴックンしてくれますw
注射から飲み薬になりましたが吐いていないようです。すこし下痢ぎみです。
このまま通院がなくなれば車も自由につかえるのでピンちゃんの検査へ行こうと思っています。
心臓の検査が納得できたら、結石の相談もしたと思っています。

関連記事
Category: 病院

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/01/30 (Mon) 10:16 | # | | 編集
コメントありがとうございます

☆鍵コメさま
ありがとうございます。
今のところ変わりなく元気でおります。
お薬の減量は慎重にしなくてはいけませんね。
私の感情優先でなくピンちゃん優先で考えていかねばいけません。がんばります!!!

2012/01/30 (Mon) 11:55 | チェリー #7WSMv.uY | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する