3着目にしてやっと。。

実家のナナの為に作ったお洋服



cIMG_3472.jpg
着せやすいようにお腹側が開く作り。


cIMG_3469.jpg
年を取ったナナは爪も伸びがちなので、爪が引っ掛からないように裏地も付けました。


採寸した首、胸、着丈で作ったので着れるんだけど。。
CAFVI0ZW.jpg

部屋の中で寝てる時に背中を丸くすると、襟ぐりが下がってしまうようです。
ナナはピンちゃんより胸が広く首が長いので、胸~首のとこ補正がいるようです。
それに、やはり脱ぎ着しやすいように背中開きにして欲しいと母からの要望。



で、2着目
cIMG_3503.jpg
背中開き

cIMG_3501.jpg

だけど、これは失敗(^_^;)小さかった
CADAVW6X.jpg
ナナサイズの型紙作るの難しい(^_^;)





3着目はどうだ!
cIMG_3529.jpg


cIMG_3528.jpg
袖がない方が腕を通しやすいのでノースリーブで背中開きです。



cIMG_3530.jpg



これはピッタリでした!!!
DCIM0039.jpg


DCIM0040.jpg


DCIM0041.jpg
ちゃんと作れて良かった~。


次はベストハーネスを作ってあげるからね!
ナナは今年1月に胆嚢炎をしてから、かなり体力が落ちてしまいました。
治って元気になってきたんですが、皮膚炎の再発やら、お腹の調子も良くない。
先日も吐いたり、下血もあって。。
耳も聞こえないし、反応も鈍いです。歩きもトボトボです。。

老後をどうやって過ごすか。。人も犬も同じように難しい問題ですね。
下血は少し前からそうで、かかりつけの先生では内視鏡検査などができないし、原因がわかりません。

詳しい検査ができて、どこまで治療するか母の希望を聞いてくれる先生を求めて、母は何軒かの病院で見学したり相談したりしましたが、やっぱり納得いく病院が見つからず、遠方には行けないし。
やはりかかりつけの先生の元、特別な検査や治療はせず、自然のままなるべく穏やかに過ごせるようにお願いしました。
ハヤタを最期まで診てくれた先生なので頼るしかありませんね。


母はハヤタの介護が終わったけど、今はまたナナと一緒にリビングで寝起きし、長時間の外出ができない状態になりました。
でもナナが可愛くて可愛くて一緒にいたいようなので好きにさせています。
ナナは来年3月で16歳になります。頑張ってお誕生日をむかえられるといいな~。

私も顔を見に行きたいんだけど、私が行くと怖がります(^_^;)
たぶん病院へ連れていかれると怯えるんだと思います(^_^;)

ナナはビビリちゃんで病院もやっとの思いで頑張ってるので、今はストレスないように母と穏やかに過ごすのが一番いいと思っています。
数時間おきにトイレに行きたがるので、母はまたお世話大変になっちゃったけどね。



私はせっせと、ナナのお洋服縫いたいと思います!
関連記事
Category: 手作り

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する